賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

カギの救急車 事実確認を怠ってトラブル

カギの救急車とかいう代理店があります。あそこは加盟店であり、個人事業主なのです。

 

和歌山南店で、大きなトラブルが発生しており、訴訟になる可能性がありますが、ここの店主に、改善を求めたところ、逆切れしておりトンでもない方です。

f:id:torabur:20210126225555j:plain

f:id:torabur:20210126225443j:plain

どのようなトラブルかと言いますと、入居者がいるにも関わらず、管理会社から、「カギ交換してくれと依頼を受けた」からという理由で、入居者の通路のカギを交換してしまったのです。

こうした締め出したことにより、入居者は部屋に入れなくなってしまいました。こうしたカギ交換をする場合には、その物件の所有者や、入居者の承諾が必要ですが、このカギの救急車は、相手を確認せずに、「管理会社だ」というだけで、交換してしまったのです。

依頼者が、管理会社であることを確認せずに、「相手がいっていた」だけで信用してしまったのです。

 

まあ、もともと管理会社は、こうして無断でカギ交換などは出来ない立場ですが、この鍵屋は何を考えているのでしょう。

 

例えばですが、自動車のカギを紛失してしまい、カギの救急車に依頼すると、必ず「免許証」「車検証」の名義を確認します。そうしないと、本当にこの自動車の使用者かどうか判断できないからです。

 

アパートのカギを紛失した場合でも、必ず身分証明書の提示を求められますが、これは警察の指導もあるのです。

 

すなわち、このカギの救急車は、本人確認をしないでカギ交換をしたのです。取材を進めていくと、この入居者さんは、「この通路は私が部屋へ行く通路だから、カギ交換をされると困る」と伝えたそうですが、この業者は、売上金欲しさに、無理やりカギ交換をしたのです。

 

この業者は、「悪いことはしていない弁護士を立てて戦う」と開き直っておりますが、大丈夫でしょうか?

 

私に言わせれば、業務上の確認作業を怠った、過失責任は免れないと思います。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

ほっと保証 脅迫 対するコメント

投稿された記事にコメントが寄せられましたが、はてなの仕様上では、直接に返信できないので、こちらに書きます。

 

 投稿記事

www.0120555.info

 

寄せられたコメント1

・私は管理会社の社員で この保証会社の対応は問題あると思いますが 滞納者側もしれっと滞納していることを流していますが 保証人のところまで行った経緯、滞納しているのに連絡を怠っていた? そのあたりの事情も書くべきだと思います 何度も言いますがこの保証会社の対応は問題あると思いますが 私の感覚ではこの滞納者の方が常習で連絡も取れず不誠実な対応をしていたのではと推測します この対応は駄目ですがここまでになった経緯も正しく書くべきです 管理会社の感覚でいくと95%以上の方は 入居から退去まで一度も滞納しません

 

寄せられたコメント2

・匿名さんが書いていることに同意です もちろんこの保証会社の対応を肯定するつもりはありません。目に余るような取り立てで問題があると思います。 でもこの賃借人にも責任はあると思います。連帯保証人についても連帯保証人になった以上は言われたら賃借人と同様に返済義務を負うものだと思うので、滞納していることに弁解の余地はないものと思います。 たとえ1ヶ月分であったとしても支払うべき義務が賃借人(連帯保証人含む)にあることは明白で、自分の義務を棚に上げて話をしているように感じます。 ただ日本は法治国家であり、返済するように言ってそれでも無理なら裁判に持ち込むのが筋だとは思います。 コロナの影響で支払いが困難になっているのかもしれませんが『住居確保給付金』の要件を満たしていれば申請するのもひとつの方法だと思います。

 

 

※当相談室の回答

家賃滞納と言いますが、滞納の意味を理解しているのでしょうか?

一般的には、賃料は前払いとなっております。例えばですが、1月分の賃料は、12月末までに支払う必要があります。

しかし、私も複数の弁護士にも確認しましたが、いずれも「1月末までに支払われなかった場合は、初めて滞納となる」とのことです。

 

すなわち、「支払期日を守らなかった債務不履行ではあるが、滞納ではない。」という事です。

 

コメントをくれた方は、「支払いが遅れたから何を言われてもしょうがない」という見解のようですが、そもそもは、「債務不履行」と「脅迫取り立て」は別の問題なのです。

 

債務不履行は、民事上の問題であり、一定の取り立てをしても、回収不能の場合は、法的手続きにより差し押さえなどの、法的措置をおこなうことが、法治国家の日本では厳しく求められます。

 

「脅迫取り立て」は、刑事事件上の問題であり、何人も相手を脅迫したり威嚇した場合は、逮捕されて刑事責任、行政上の責任、民事上の責任を負うこととなります。

 

今回は少額訴訟を申し立てられる金額の範囲内なので、先ずは債務名義を取得するのが手順です。その次に動産執行を行います。それら手順をすっ飛ばして勝手にやってしまっては、リンチと同じで日本では認められていません。

 

ほっと保証の取り立ては、いわゆる法的手続きを行わずに、債務者を威嚇、脅迫、強要しており立派な違法行為です。つまりは、ほっと保証の下家は、自力救済をしてる訳ですから、どんな言い訳をしても、認められる要素はなく、極めて不利な状況です。なので、最悪の場合は、警察の判断で逮捕、起訴が濃厚です。

 

また、ほっと保証の場合は、社長の指示により、組織的に過酷な債権回収をしているので、悪質であり使用者責任も免れないでしょう。

 

自力救済が、認められるのであれば、ほっと保証に対しての、放火や糞尿をバラまいたりしても許されることになります。

 

こうした報復が起きないように、自力救済は禁止されている訳ですから、先制攻撃をした、保証会社の過失100%というのが、当相談室の回答です。

 

貴方は、電車内で露出が多い服装の女子を見かけた場合に、ケツを触っても「女が挑発的な服装をしているのが悪いんだ!」と主張しますか?

 

そう主張したら、許してもらえますか?

たぶん逮捕されます。

 

だから下家は、逮捕されるべきです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっと保証 脅迫 東村健司社長の指示

こんな相談が来ました。

 

賃貸の保証会社がほっと保証会社で札幌が支店だと思われます。
まずかなり酷い嫌がらせを今迄にも電話で物凄い威圧的な言葉で日に何度も電話が来て今日とうとう連帯保証人の母の家まで押し込んで来て娘の未納1ヶ月分53000円払え!

銀行に連れていく!
払えないなら!
親戚から借りろ!
家の物売れ!
お金が無いという母に対し大声上げて罵声を浴びさせ、母が死にますと言うと死ぬ前に金払えと脅しにかかり
母から私の職場に電話あり
このような状態だと言われ
私は仕事中だったため直ぐに駆けつけることが出来なく地元の警察に事情を説明し母の家に行ってもらいました。
警察が母の家に着いてまもなく、私も着きお金払えの一点ばりで電話しても出ないから札幌から着た
25日に払いますと言うも待てない早く払えと払えないなら今直ぐに出て行けと罵声頭を下げれば25日に来月分も払えと、2ヶ月分払えるのかと威圧的な態度土下座して謝るのなら25にまで待ってやる。
25日に振り込まれないなら2日後に出ていってもらうと文書にサインさせられた。
TVのCMには安心のほっと保証って名目でながれているけれどこんな保証会社がある事事態許せませんびっくりマーク
かなり法的にも違反していると思いますびっくりマーク
苦情がかなり載ってますが
罰する事は出来ないのでしょうか?

 

f:id:torabur:20210122220438j:plain

 

まあ、このほっと保証の取り立ては、異常ですが、とくに「下家」がひどいです。

 

f:id:torabur:20210123103608j:plain

下家 090-7654-2686

会社 011-215-1673

 

私も、この下家に電話して怒鳴りつけた事がありますが、彼は声が震えてました。

 

すなわち、立場の弱い者には怒鳴りつけ、逆の場合はオロオロするタイプであり、しょせんは小物です。まあ、この東村健司 社長とやらもヤミ金・街金上がりでしょうね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

保証会社の居座りは逮捕案件です。

保証会社の取り立てにおいて、居座りを続けるケースが増えております。

f:id:torabur:20210119131137j:plain

こうした、行為は警報30条「建造物不退去罪」として摘発できます。

 

当然ですが、保証会社の従業員は「家賃の回収に来た」と言い訳するでしょうが、家賃を回収するにも、「入居者が支払える金がない」と言っているのですから、帰ってもらって、訴訟にて解決するのが日本の法律です。

 

建造物不退去罪は、退去するように要求を受けたにもかかわらず、その建造物から退去しなかった場合に成立します。荷物をまとめるなど退去に必要な合理的な時間を経過した段階で既遂になります。正当な理由がないのに建造物に侵入した場合に成立する建造物侵入罪と同じく、最高刑は懲役3年と重い犯罪です。

もっとも、不退去が社会的相当性の範囲内を逸脱している必要があるので、通常は再三にわたる退去要求に応じなかった段階で警察も現行犯逮捕しています。

飲食店などで店から帰らず、文句をつけて居座る悪質クレーマーがその典型ですが、裁判所の合同庁舎に立ち入った後、庁舎外に出るように要求されたにもかかわらず、約20分間にわたって庁舎内にとどまった事案に対して不退去罪の成立を認めた裁判例もあります。

 

帰らない場合は、警察にすぐ電話しましょう。


オーロラ取立て3


オーロラ取立て2

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

新型コロナの影響と学生専用マンション

学生専用マンションという物件があります。

これは、大学に通う大学生専用のマンションであり、食事付きであり浴室は共同です。すなわち賄い付きという事です。

 

むかしは、古びた長屋だったり個人宅を利用した寮が多かったですが、最近では、高級マンションと間違えるほどの、学生寮もあります。

 

f:id:torabur:20210118112523p:plain

(イメージ)

 

こうした学生マンションは、契約形態が独特な場合があります。

つまり学生専用なので、4月入学に合わせて、3月卒業で満期という形態であり、途中解約はできない方式です。

 

しかし、新型コロナの影響で、オンライン動画による授業への変更により、こうした物件を借りる必要がなくなった訳です。

 

なので、住んでいなくても、卒業までの3月までの家賃は発生します。学生寮の運営会社も、「家賃免除」などの配慮などをしているようですが、業者により様々です。

 

今日の相談では、運営会社が「3月までの家賃を払え!」という事で、トラブルになっているようです。この方は、すでに10日以上にわたり交渉をしているようですが、業者側は一点張りで解決困難な状況で相談に来られました。

 

なので、適切なアドバイスをしたところ、無事に全額支払い免除ということで、すべて解決できました。解決まで2時間というスピードでしたが、良かったですね。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

【強制退去】年末に追い出された女性

年末の28日の相談でした。

この女性は、12月28日に突然に、アパートのカギを交換されてしまい室内に入れなくなったのです。

 

なぜ、カギ交換をされたのか不明でしたので、記事にはしませんでしたが、ようやく事実と信じる相当の理由があると判断したので公開します。

 

・賃借人は女性

・大家は、個人

・家賃滞納なし

・入居して2年6か月以上(契約継続中)

・管理会社は、株式会社ドリ-ムコーポレーション

・代表 吉田 起代子

・不動産屋の所在地は、和歌山県和歌山市万町25

・定期借家契約ではなく、普通賃貸借契約

・物件の場所 ポポロビル 5F

 

◆突然にカギを交換して使用不能にした理由

どうやら、賃貸人である、「ドリ-ムコーポレーション」は、この物件を「J アンドJ 」に売却したようである。つまりオーナーチェンジという事である。

 

カギを交換したのは、吉田起代子であるという事は、警察でも確認している。

 

通常では、こうしたケースでは、オーナーチェンジでも、賃貸借契約を解除することは出来ないのは常識である。

 

それにも関わらず、カギ交換をして、この真冬に放り出したことは許しがたいし、現在でも帰れない。

 

この、悪質な吉田起代子について、調べてみるといろいろ出てきた。

この加害者は、「NPO法人ワンダブル二度目の命」という、いわゆる保護犬の活動をしているようである。

f:id:torabur:20210111200119j:plain

 

NPO法人ワンダブル二度目の命

www.wandouble.com

様々な事由で、人間から放棄されたり、手放される犬や猫、人間の飼育環境の変動で保健所装置になる可能性が出てきた犬や猫などの育成擁護。
そのような命の放棄に当たり、必要な経費や、お預かりに際し必要な入館費、飼育費用や医療費を
責任のある方から申し受けることで、保健所での刹処分をすることなく、命を全うできる環境と時間の提供。
地域で人と暮らす猫の過剰繁殖を抑えるための避妊去勢手術の実施と、地域への返還。
※さくらねこ活動
人の生き物への対峙方の啓発活動。
そのための場所の提供。

 

保護犬を養う振りをして、その一方で非人道的なことをする。

こうした事を偽善者と言う。

事件が起きた場所(ポポロビル)

f:id:torabur:20210111201041p:plain

このビルの案内板をみると、ドリームサポートという、年齢や体力などの面で雇用契約を結んで働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービスを展開している。

 

追い出した不動産屋の名称は、「ドリームコーポレーション」

障碍者支援をおこなう、「ドリームサポート」ということは、この不動産屋が経営しているとも考えられる。

 

それに、「NPO法人ワンダブル二度目の命」は、不動産屋が経営しているのだから、たぶん3社とも同一経営者である。

 

推測であるが、障碍者NPOを利用した、補助金ビジネスであろう。

個人的な見解であるが、悪質である。

 

それに、今回はカギ交換現場には、あのヤクザのオーロラも確認されている。すでに弁護士が介入しており事件化するのは時間の問題ですが、賠償金として100万円を請求できるでしょう。

 

もし、私が被害者の立場でしたら、目には目なので、不動産屋を拉致してます。

 

オーロラ VS 前科14犯

オーロラの取り立てに関する相談です。

この方は、家賃滞納がありますが、その取り立てにオーロラが来ているという事です。

 

まあ、オーロラの債権回収はヤクザですが、その言葉使いが荒いので、何回も注意しても改善しないので、助けて欲しいというものです。

 

この相談者さんによれば、自分は前科14犯であり、刑務所を出たり入ったりしているようですが、今回は、西のほうへ逃亡しておりましたが、戻って来たそうです。

 

しかしですね。過去にどんな事件を起こしたのか知りませんが、オーロラの取り立てが怖いとは情けなさすぎです。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

エフアール信用保証 倒産

f:id:torabur:20210112141025p:plain

f:id:torabur:20210112141039j:plain

f:id:torabur:20210112141052p:plain

株式会社ジャパンレントアシストコーポレーションは2015年設立。大阪府中央区に本社を置き、家賃保証業務を手掛けていました。

賃貸物件の入居者で、連帯保証人が立てられない人や高齢者、外国人などの連帯保証人になり、賃料の延滞が発生した際の立て替え払いのほか、督促代行、法的手続きや原状復帰などを付帯して提供していました。

2016年には、名古屋と東京に支店を構え事業を拡大。2017年には家賃保証契約を電子化するなど業務効率化を進めていました。

しかし、2020年の新型コロナウイルスが感染拡大すると、入居者からの返済滞納や回収の困難な状況が発生。資金繰りが急速に悪化し今回の措置となりました。

 

コメント

やはり倒産しましたね。保証会社を名乗る事業者は、180社近くありますが、これは次々とタケノコように出来たからです。

 

保証会社を設立するには、資本金は不要。免許や届け出も不要。

ホームレスでも即日開業できるのです。

 

まずは、保証料が最初にはいるけど、滞納はまだ先ですから、しばらくは、大丈夫です。そして滞納が出はじめて、代位弁済が増えると即倒産。 経営者も良く分かっていて、行くとこまで行っておいて、後は野となれ山となれなのです。

 

コロナのせいで代位弁財が増えたなんて、真っ赤なデタラメです。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

 

うやうやしく初春をお祝いいたします。

読者のみなさんへ

お正月は、いかがお過ごしでしょうか?

 

当相談室では、久しぶりのブログを書いておりますが、年末は超多忙でして、大晦日まで相談が絶えませんでした。お正月も、2日から相談が届いております。

 

 

このブログの読者さんの中に、元高校で国語の教師をされていたようで、「このブログは文法がおかしい」「間違ってる」とかのご指摘を受けております。

 

まあ、私には国語力と言うか・・語彙力がないので仕方ないのです。

しょせんは素人なのでお許し下さい。

 

いつだったか、当相談室報道局と大トラブルになった、フォーシーズ保証のことを徹底的に叩いた記事がありましたが、顧問弁護士から、「このブログは大したことはない」と安く見られて馬鹿にされたことがありました。

 

なので、こちらは「大したことないブログならば、影響力は皆無だから、叩かれても名誉棄損だとか、大騒ぎする必要もないのでは?」

と返しました。

 

そうしたら、顧問弁護士からは、「いや、結構なアクセス数があり上位にランクインされている」とかほざいておりました。

 

ブログですが「取材に基づき、事実と信じるにあたる相当な理由が認められる場合」は記事にしているのであり、信頼性は相当にあると確信しております。

 

これからも、記事を上げていきますので、よろしくお願い申し上げます。

f:id:torabur:20210103130752j:plain

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

全保連の関係会社 → アルファ

 全保連といえば多くのトラブルや、なりすまし訴訟をおこない、

また役員が傷害事件を起こして逮捕されるトンデモ企業である。

 

全保連は、全国へ展開しているが、九州地区の南西側には出店していない。その理由としては、この地区には「アルファ」という関係会社が出店しているからである。

 

役員名簿を見てみると・・

 

全保連代表取締役会長 :烏川 信和(うがわ)

アルファ代表取締役:烏川 義生(うがわ)

 

傷害事件を起こして逮捕された役員も、烏川でした。

警察の発表では、在日だそうです。

どう考えても、これらは兄弟なのでしょうね。

 

 

www.0120555.info

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp