賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

不動産業界は厚顔無恥が多い

今日から、夏休みという方も多いと思いますが、新型コロナの影響で自粛ムードが広がり、自宅で巣ごもりという家族も多いでしょうね。関東地方でも、海水浴場は中止ですから困ったものです。

 

さてさて、いつも思うのですが、不動産業界に携わる人種は、胡散臭く厚顔無恥な人種が極めて多いと考えております。

 

国語辞典によれば、「厚顔無恥」とは、厚かましく、恥知らずなさま。他人の迷惑などかまわずに、自分の都合や思惑だけで行動すること。ずうずうしいさま。面の皮が厚いこと。「無恥厚顔むちこうがん」ともいうそうです。

 

厚顔無恥の人の特徴には、決まりがあります。

自分の権利は主張するが、他人の権利は認めない。

自分の利益のためには、他人に迷惑をかけても構わない。

などなどです。

 

先日の記事にも書きましたが、西浦実業の賃貸借契約書などには、作成者の厚顔無恥が満載です。もう賃貸借契約とは無関係のことまで、うるさいくらい位に書かれております。もちろん内容的にはレベルは低く、とても法律に詳しい人が作成したとは思えないのです。

 

すなわち、素人な人物が作成したという事ですね。(笑)

 

なお、厚顔無恥の人には、次のようなことを言っても無駄です。

人間として恥ずかしく無いんですか?

常識がないですね?

性格が悪いですね?

貴方の考え方はおかしくないですか?

人として許せません!

人として最低です。

などなど、罵っても効果がありません。なぜなら厚顔無恥の人種たちは、いつも言われているので馴れているので、免疫があるのです。

いくら言われようが、人格を否定されようが、この場だけを凌げば、「大好きなお金が儲かる」のです。

 

だから、何を言われようが、「だから何ですか~w」で終わりなのです。

 

でも、厚顔無恥の方にも、弱点はあります。

それは、神経質なくらい「プライドと世間体を気にする」という事です。

 

なのですぐに「名誉棄損だ!」と騒ぎ立てます。

もちろん西浦実業からは、「当ブログに書かれていることは、すべて事実無根だから、すぐに削除しろ!」とのメールが来ておりますが、

はてなブログの運営会社とも協議したところ「削除する必要性はない」との判断を得ております。

 

当ブログでは、今までに、多くの保証会社や不動産会社、管理会社と戦っておりますが、すべて蹴散らして来ました。 

 

この西浦実業との戦いは、まだまだ続きますので、お楽しみに!

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

大阪の不動産屋 客から預かった預託金を返還せず裁判 → 行政処分へ

大阪市浪速区にある株式会社FREE SPACEという不動産業者が、お客からアパートの入居申込を受けて、預り金を受けとりましたが、申し込みをキャンセル(撤回)したにも関わらず、これを返金せずに拒否しておりましたが、裁判に発展しておりましたが、支払い命令が出た模様です。

 

これにともない、大阪府は、この不動産業者の行為は、宅地建物取引業法第47条の2・3項に違反するとして、行政処分が行われました。

 

大阪府知事が行った行政処分内容(令和2年7月)

http://www.pref.osaka.lg.jp/kenshin/kantoku/shobun2-7.html

 

※当ブログからのコメント

こうした不動産屋が預り金を返金しない事例が多いですが、立派な犯罪なのです。なにか当ブログでも取り上げている「西浦実業の件」と酷似している事案ですが、西浦実業は、いまだに返金や話し合いにも応じておりません。これも裁判は確実ですね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

【大阪】西浦実業を消費者支援機構関西へ情報提供しました。

西浦実業(代表 西浦邦彦)といえば、賃借人が不当に損害を受ける契約書を使用しておりますが、こうした不当条項は、消費者契約法に違反すると考えられるので、被害回復を目的として、内閣府認定の消費者支援機構関西へ情報提供を行いました。

 

f:id:torabur:20200803062711g:plain

http://www.kc-s.or.jp/

 

消費者支援機構と言えば、悪質な賃貸保証会社と有名な、日本セーフティーやフォーシーズ、他の不動産業とも戦っており、10名以上の弁護士を要する団体です。

 

この内閣府認定消費者団体というのは、一般の消費者団体では、取り扱えない、西浦実業の使用している契約書を、今後は一切使用できないように、「差止め請求事件」として提訴することが出来ます。

 

過去にも、悪質不動産店や、保証会社も敗訴しており、裁判所の命令により使用中の契約書をすべて廃棄させられております。なお、こうした命令を無視して、契約書を継続使用した場合は、「1件あたり50万の罰金」が科せられます。

 

今後の展開が楽しみです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

【大阪】西浦実業の不当条項を検証する。契約解除

賃貸借契約の解除条項について、検証します。

賃貸借契約書には、次の条項がありますが、これは正しいのでしょうか?

 

f:id:torabur:20200731070735p:plain

3.乙(賃借人)が第三者より差押え、仮差し押さえまたは仮処分を受けたとき、もしくは乙につ いて破産、民事再生、会社更生、会社整理、特別精算の申し立てがなされたとき、ま たはこの振り出した手形・小切手が不渡りとなったとき。

 

・不当な部分(解説)

この条項は、賃借人が破産・民事再生などの債務整理をした場合には、賃貸人は契約解除が出来るというものですが、当ブログでは、この条項は不当条項だと考えます。賃借人が法人の場合は、債務整理より会社の存続が困難ですが、一般個人の場合は、過去の判例でも、大家側からの契約解除は出来ないとしております。

よって、賃借人が破産した事実だけでは、契約を解除することはできません。また、賃貸借契約書に「賃借人が破産・民事再生を申し立てた場合」を賃貸借契約の解除事由として定めている場合でも、破産の事実だけで契約を解除することはできません。

契約を解除するには、賃料の不払いや迷惑行為等の債務不履行の事実をもって契約を解除するほかありません。

 

すなわち、契約解除するには、家賃滞納を原因として、通常の明渡訴訟をするしかないのです。なので、不当条項にあたります。

 

ここの不動産会社の契約書は、不当条項があふれており、素人の私が見ても、あちこちにあります。

 

なので、こうした不動産屋から、部屋を借りるのは絶対にやめましょう。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

家賃保証会社が倒産 ジャパンレントアシストコーポレーション

またまた保証会社が倒産しました。

記事によりますと、・・・

家賃保証サービスを行う(株)ジャパンレントアシストコーポレーション(大阪府)は16日、代理店、取扱店、オーナーに向け「弊社解散のご通知書」を出した。 通知書によると同社がすでに立替払いした入居者からの返済が滞り、回収困難な状況におかれていたうえに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、滞納家賃の立替払いが困難な状態に陥ったため事業の継続が難しいと判断したとしている。今後は臨時株主総会で解散を決議し、清算手続きに入るという。

 

「滞納家賃の立替払いが困難な状態に陥った」部分だけを読めば、滞納者が悪いように見えますが、それは本末転倒である。

 

なぜなら、健全な事業計画も立てられずに、ただ単に設立資金も必要なく、だれでも、簡単に保証会社を設立できることである。なぜなら行政への届け出や、資格も免許も必要ありません。

 

なので、この私でも、今日から保証会社を設立することも出来るのです。

 

保証会社というのは、最初はとにかく儲かるのです。なぜなら、最初に保証料を受け取ることが出来ますし、実際に滞納があったとしても、それは数カ月先の話なのです。

 

入居者だって、翌月からいきなり滞納などは、まずあり得ません。一般的な滞納率は、せいぜい3%程度なのです。

 

それにも関わらず、こうして倒産してしまうという事は、新規顧客の開拓の失敗。集金した保証料を流用してしまうケースです。

 

法人名 株式会社ジャパンレントアシストコーポレーション
旧法人名 株式会社レントサポート
種別 弁護士一任
信用度 詳しくはこちら
代表者 玉置克弘
商品名 レントスマート
レントアシスト
デュアルサポート
所在地 大阪市中央区今橋二丁目2番11号
法人番号 7120001193725
業種 家賃保証会社
資本金 6,000万円
関連会社 アーク不動産株式会社

もちろん倒産ですから、入居者から集金した賃料は持ち逃げでしょう。保証会社が倒産するとこうなります。

 

まあ、保証会社なんて吹けば飛ぶような会社がほとんどです。

資金力が乏しく、事業資金の裏付けが無いんですよね。

 

いつでしたが、保証会社の社長さんから、記事について連絡をもらったことがありましたが、社長さんが「たしかに吹けば飛ぶような会社です。」と言われてましたね。

 

まあ、この保証会社も、わずか4年で倒産した典型例です。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

【大阪】西浦実業の不当条項を検証する。原状回復

マイルールオンパレードの、西浦実業の賃貸借契約の内容について

検証します。

 

昨日に続いて、不当条項と考えられる内容が、こちらです。

 

特約条項 第24条

f:id:torabur:20200728202430p:plain

特にプリント加工等した建具等にテープ等を貼り付けたことにより生じたテープ等が簡単に剥がすことができず跡が残ってしまう状態の場合、補修は困難なため、乙は 原状回復費用として補修でなく建具入れ替え費用を負担する。

 

・不当な部分(解説)

この条項は、備え付けの建具等に、セロテープののり跡が付着しており、剥がすことが出来ない場合は、新品に入れ替えるので、その費用は、賃借人が負担するというものです。

 

ここで言う建具とは、何を指すかですが、一般的には、「室内ドア・テーブル・巾木」などを指します。なので、ほとんどの場合には、当てはまると思われます。まあ、簡単に言えば、ベニヤ合板で出来た製品であるという事です。

 

f:id:torabur:20200728203147j:plain

 

ほとんどの製品は、のり剥がし液を使用すれば、除去出来てしまいますし、こうした建具の表装が、著しく汚損した場合でも、カッテイングシートを張るだけなので、間違っても「建具ドアを買い替える必要」はありません。

 

つまり、この西浦実業の手口は、軽度な修繕の場合でも、過度な負担を賃借人へ押し付けて、金員を搾取する目的であると言っても良いでしょう。

 

そういう私ですが、年間で、アパートの退去立会を、200件は行っており、原状回復工事における、内装工事の基礎知識は、それなりに備えているつもりです。

 

毎年ですが、3月度は転居シーズンになるので、朝早くから夜23時まで立会もしておりました。読者のなかには、「そんな夜遅くまでやる訳ない」と思う方もおられる思いますが、学生さんの場合は、立ち合い後に、新宿バスタ発の、深夜バスで、大阪・広島・九州の実家に帰る方も多いのです。深夜バスって、23時~24時発とかが多いんですよね。

 

それから、専門のハウスクリーニング業者が入りますと、本当にピカピカになりますが、彼らは、テープ跡なども簡単に除去できる薬剤などを持っておりますので、どう考えても、建具の破壊でもなければ、新品と取り換える必要などありません。

 

すなわち、この西浦実業は、「他人の金でリフォームしたい」だけなんですよね。本当にガメツイですな。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

【大阪】西浦実業の不当条項を検証する。訴訟関係

昨日に続いて、不当条項と考えられる内容について検証します。

 

f:id:torabur:20200727172220p:plainこの業者の作成した賃貸借契約書には、次の条項があります。 

 

第18条2項

乙(賃借人)は本物件、本契約の内容等に関し、甲(西浦実業)に対して一切の団体交渉および弁護士以外代理人による交渉は行わないものとする。

 

・不当な部分(解説)

この業者は、本契約に関するトラブルがあった場合でも、本人もしくは弁護士以外との交渉には応じないとしている。すなわち、親兄弟、保護者、青年後見人であろうとも、一切の話し合いを拒否するとしているが、これは大きな誤りである。なぜなら、弁護士も任意代理人であり、親族も同じ任意代理人として指名できる。簡易裁判所の審理に於いても、本人の代わりに家族が代理人として出廷することが認められている。それをこの西浦実業では認めないと言っているのだから不当条項である。まあ、推論であるが、こうした特約を設けているという事は過去にも大きなトラブルがあり、怪しい団体勢力が事務所まで乗り込んで、相当にやられた過去があるのでしょう。だから。こんな条項を入れているのです。

 

 

 第19条(訴訟費用等)

本契約の紛争に係わる訴訟費用、弁護士費用(ただし、いずれも甲(西浦実業)が勝訴した場合に限る)および執行費用は乙(賃借人)の負担とする。

 

・不当な部分(解説)

この業者は、「賃貸借契約に関するトラブルがあり、訴訟に発展し、西浦実業が勝訴して、賃借人が敗訴した場合は、西浦実業が委任した弁護士費用を賃借人が負担する。」という虫の良い条項です。逆に、賃借人が勝訴した場合には、こちらの弁護士費用は負担しないというご都合主義で、思わず笑ってしまいました。

 

そもそもですが、訴訟は本人訴訟が原則なのです。それを「自分の能力では立ち向かえない。」また「仕事の都合で出廷できない。」など、本人の都合により弁護士に依頼するものなのです。

 

 

なのに、なぜ、そちらの弁護士費用を負担しなければならないのでしょう?

 

どうやら、この西浦実業は、法律よりも「マイルール」を作るのがお得意なようですね。

 

マイルールとは?
(1)自分だけの決まりごと。
(2)思うように進めるための、自分なりの決まりごと。

 

この西浦実業の契約書には、さまざまなマイルールであふれています。同時にマイルールを他者にも押し付けるマイルールハラスメントもあふれています。あんたのルールはあんたの勝手だけど、人に押し付けないでくれよ。

 

マイルールハラスメント!

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

【大阪】西浦実業の不当条項を検証する。火災報知器未設置

大阪に所在する西浦実業の作成した賃貸借契約書に不当条項がありましたので、いろいろ検証していきます。

 

アパートマンションなどの、いわゆる賃貸住宅には、火災報知機の設置義務が、大家には課せられています。

 

しかし、西浦実業の賃貸物件には、火災報知器が設置されていませんので違法となります。

 

そこで、賃貸借契約書を検証して見ますと。下記のように書かれております。

 

f:id:torabur:20200727010023p:plain

3 法定されている火災警報器の設置について、乙が自己の責任と費用で設置するもの とし、乙は甲の設置確認のための要請を受け入れるものとする。

 

ところで、火災報知器は、なぜ設置が義務付けられたのか?

総務省消防庁の調べによると、2009年に建物火災で死亡した人のうち、約9割が住宅火災によるものです。そして、住宅火災で死亡した要因として最も多いのが「逃げ遅れ」で、全体の約6割を占めています。
また、住宅火災による死者を年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が6割と、半数以上を占めており、今後さらに高齢化社会が進んでいくことで、死者の増加が懸念されています。

「逃げ遅れ」の死亡の要因は、主に深夜の就寝時間帯に火災の発生に気が付かず、招いてしまった惨事と考えられています。少しでも早く火災の発生に気づくことができれば、救われた命だったかもしれません。
特に火災の恐ろしさは煙にあります。煙により、呼吸を妨げられるだけでなく、視界を奪われてしまい、結果、避難することが困難になってしまいます。つまり、火災から命を守るには、初期段階の発見により、避難する時間を少しでも多く作ることが重要なのです。

このような背景から、住宅火災発生時の「逃げ遅れ」を防止するため、すべての住宅について、住宅用火災警報器の設置が全国で義務付けられました。

 

これは、次の法律で定められております。

 

■消防法

第9条の2〔住宅用防災機器〕


住宅の用途に供される防火対象物(その一部が住宅の用途以外の用途に供される防火対象物にあっては、住宅の用途以外の用途に供される部分を除く。以下この条において「住宅」という。)の関係者は、次項の規定による住宅用防災機器(住宅における火災の予防に資する機械器具又は設備であって政令で定めるものをいう。以下この条において同じ。)の設置及び維持に関する基準に従って、住宅用防災機器を設置し、及び維持しなければならない。

 

○2 住宅用防災機器の設置及び維持に関する基準その他住宅における火災の予防のために必要な事項は、政令で定める基準に従い市町村条例で定める。

 

これ以外にも、都道府県の火災予防条例でも定められています。

しかも「住宅用防災機器を設置し、及び維持しなければならない。」 

「・・・しなければならない。」

と書かれているので、これは強行規定です。

それにも拘らず、この西浦実業では、「火災報知機を設置したければ、自分の費用負担で取り付けろ。取り付けるときは、大家は許可する。」などと、ずいぶんと上から目線ですね。

 

本来は、賃貸住宅として貸し出す訳ですから、こうした設備は、賃貸する前に設置すべきですが、「火災報知器が設置されていない理由は、借主が悪い」と言わんばかりです。

 

ここの社長も、いろいろと考えたのでしょうが、「火災報知機を設置する → 経費が掛かる → 自分の儲けが減る。→ だから設置しない。」というところでしょう。

 

火災報知器の設置は、基本的には特別な技能や資格などは必要ないため、ご自身で取り付けることも可能です。 その際、原則には配線工事なども必要ありませんので、道具や工具のみを揃えれば簡単に設置できます。 ちなみにホームセンターなどで販売している火災報知器は、7,000円~ほどで購入できるのです。

 

その経費までをケチるとは・・・ 

まあ、つまるところ、「住人が逃げ遅れて死のうが関係ない!」という姿勢が前面に出ていると言えるでしょう。

 

ここの社長は、義務は果たさずに、ずいぶんと金儲けには熱心のようですが、恥ずかしい限りです。こうした悪業者が存在するから、この業界は良くならないのです。

 

こうした安全管理の欠如した業者は排除しなければなりませんので、大阪府消防局へ通報したいと思います。

 

f:id:torabur:20200727012134j:plain

f:id:torabur:20200727012255j:plain

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

疲れる参加者

毎日のように梅雨空が続いているせいか、体調がすぐれません。

これだけジメジメしていれば、気分の憂鬱になりましょね。

 

体調は悪くても、食欲だけは旺盛なのです。毎日のように、アリナミンドリンクとユンケル皇帝液を飲んでます。

 

昨日の朝食も、ソフトフランスパンに、チキンソテー(トリュフソルト)をかけ、レタスサンドを食べました。

 

昼食は、冷しゃぶ御膳を食べましたし、栄養だけは取っております。

 

夜は、仕事関係の人たちとの食事会があったので、参加したのですが、コロナの影響で、対策をしながらの食事会でした。

 

この食事会では、すごく嫌な気分になったのですが、参加者のひとりが、なんだか知りませんが、世の中の不平不満を言い出したのです。

 

わたしも、この方とは面識がなかったので、名刺交換だけはしましたが、50歳くらいの小太りの男性でした。

 

なんだか、彼の話を聞いておりますと、とにかく不平不満が多いのです。こうした会席などの場所では、「政治・宗教・思想」などの話題は禁止なのです。

 

なぜなら、人間には思想信条の違いがあるので、お互いの意見が合わないことが多いので、これらの話題は避けるべきなのです。

 

彼の主張をまとめると、以下のとおりです。

 

・安倍首相の父親は、朝鮮人だった。なので、日本は乗っ取られている。

 

・今の天皇は、本当と子供ではなく、朝鮮人の子供とすり替えられている。

 

大阪市長である松井一郎は、学生時代は有名なレイプ犯だった。

 

などなど、ツバを飛ばしそうな勢いで喋りまくるのです。

ほんとにムキになっているのです。

 

私にしてみれば、こんな話をする人たちはは、すべて極左翼なんですよね。私は、自民党には投票していないし、安倍信者でもない。

 

安倍政権が、長期政権になので、今度は逆の手口で、朝鮮人説をばら撒いて、国民の反韓思想を利用して、政権奪還を目指すのか。でも国民が、そんなバカデマに騙されるんか?

 

まあ、100歩譲ってですが、これらが真実だとしても、「いったいどうしろと?」「だから何?」という感じですね。

 

なので、小太りおじさんに聞いてみました。

「この話の証拠は?」「裏づけあるの?」

そうしたら、返ってきた言葉が「自分で調査したら間違いない。」そうです。

 

しかし、どんな調査をしたんですかね。

私に言わせれば、ネットに洗脳されてる感じですね。

 

同じテーブルにいた、女性陣もげんなりの様子です。

だから、こうした場では、話す話題ではないのです。

 

思想信条は自由ですから、違うところで話の合うメンバーどうして、

自由にやって下さいな。

 

世の中には、こうした「陰謀論」が好きな方がいますね。

こいつのせいで、せっかくの食事会が台無しですよ。

主催者には、「あの手の人を参加させるな」とクレームを入れておきました。

 

こんなバカな、偏った考え方の相手をする暇などないのです。

今は「西浦実業」の件で、忙しいのです。

 

当相談所にも、在日の方からの相談もありますが、電話で話してみると普通の人ですよ。みんな、日本で生まれたので、日本語しか話せないんです。

 

過去には、トルコ人からの相談がありましたが、彼は日本語が書けないので、メールはすべて「カタカナ」でしたので、まるで電報のようでした。

 

他には、台湾人・アメリカ人・スリランカ人・ウガンダ人・中国人などからも相談が来たことありますが、このブログもいろんな方が読んでくれているのだと思った次第です。

 

 ウガンダ共和国なんて、どこにあるのか知りませんでしたが、Googleで調べると、アフリカの内陸国なんですね。

 

f:id:torabur:20200722085655p:plain

 

このウガンダ共和国には、隣接している湖(ヴィクトリア湖)があります。この湖の大きさですが、なんと九州とほぼ同じ大きさなのです。

 

いや~驚きましたね。日本人としては、琵琶湖は大きいと思っておりましたが、世界は広いですね。

 

ウガンダでは、すぐ近くでライオンやキリンが生息しているようで、相談者さんからは、いろいろな話を聞くことができました。

 

こうして、いろんな国の方と、交流をするというのは良いことですね。

 

 

【大阪発】西浦実業から、当ブログの記事は事実無根であるとのクレームを受けました。

当ブログでは、過去の記事において、西浦実業の宅建業法違反、不当条項について記事にしておりますが、これらの記事は、現地の取材メンバーが、事実確認をしたところ、「真実と考えられる相当な理由がある」と判断して記事にさせて頂いた次第です。

 

 

www.0120555.info

 

 

www.0120555.info

 

 

www.0120555.info

 

当ブログとしては、こうした契約トラブルがあった場合は、「今回はお客さんと縁がなかった」と考えて、すみやかに返金してしまえば、何もなかった事になりますし、この西浦実業も、なんら経済的損害を受けていないのですから、和解すべきでしたね。

 

それにも関わらず、小銭稼ぎに執着して、その結果として大騒ぎになっているのです。こうした小銭でもこだわる経営者は、せこい人物が多いですね。

 

今回のトラブル金額は、40万円程度ですが、サラリーマンにしてみれば、40万円稼ぐには大変な苦労だと思います。それを騙し取っておいて、搾取した金員で食べる、「特上うな重」はさぞかしい美味しいでしょうね。

 

ほんとうに恥を知れ!

 

 

明日は、土用の丑の日ですから、共同で客をだました、取引士の長崎といっしょに、高級うなぎですか?

 

他人の金を使って喰うメシはうまいですからね。

わたしは、こんな高級うなぎは、数年は食べた事はないですが、

なにせ、一人前で5000円ちかくしますので。

こちらは、ほうれん草パワーで、吹き飛ばしてやりますよ。

ほうれん草は、野菜の中でも栄養価が抜群ですから、ほうれん草をなめるなよ。

 

f:id:torabur:20200720093747j:plain

 大阪取材班も、久しぶりに血が沸く事件だと話しておりましたので、

今後の展開が楽しみではあります。

 


Spinach Lesson | Popeye the Sailor | Boomerang Official

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp