賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

<保証会社に賠償命令>家財処分は不法行為

<家賃滞納で追い出し>「家財処分は不法行為」と賠償命令
毎日新聞 4月13日(水)19時26分配信

 ◇岩国市の保証会社に東京地裁「55万円支払いを」

 家賃を2カ月滞納したことで家財道具を勝手に処分されたとして、東京都の40代男性が山口県岩国市の保証会社に330万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は13日、55万円の支払いを命じる判決を言い渡した。戸室壮太郎裁判官は保証会社の対応を「窃盗や器物損壊罪に処せられるべき行為だ」と指摘した。

 判決によると、神奈川県海老名市のアパートに住んでいた男性は昨年3、4月分の家賃を滞納。保証会社は4月13日に家財撤去を通告し、10日後に玄関に補助錠をかけて入室できなくした上で、家電や衣類を処分した。会社側は「男性が電話連絡を怠った」などと反論したが、判決は不法行為と認定した。

 男性側代理人の林治弁護士によると、こうした追い出し行為は2008~09年ごろ社会問題になり、全国の裁判所で少なくとも約20件の賠償命令が出た。林弁護士は「刑事罰を負う行為とはっきり認めたのは初めてではないか」と話している。

 男性は「被害は氷山の一角。追い出しを規制する法律が必要だ」と話した。保証会社は「判決が届いていないので何も分からない」としている。【伊藤直孝】


ところで、山口県岩国市の保証会社って、どこの会社なのか調べて見ましたら出て来ました。

山口県岩国市の家賃保証会社「ラインファクトリー
http://www.linefactory.com/

損害賠償金を支払うのは当然なのですが、これで終わらないのです。
何が終わらないのかってですが、この賠償金は保証会社が被害者に支払うのですが、こんどは、会社が従業員から取り立てるのです。まあ、一般的には従業員はトンズラで逃亡する事になります。

本来は、取立人が引き起こした事件ですが、会社は使用者責任を負いますので、会社が負担する事になるのですが、こう言う不法行為の場合は、従業員に弁償させる事が出来ます。

取り立てやって自業自得ですよね。安月給で働かされて、他人を泣かして生活している訳です。さらに会社の為を思って必死で追い出したのに、最後は自分に返ってくる訳なのです。

いつだったか、CASAの取り立て屋と直接対決した時に、「いつか来た道になるよ」と教えて上げたのです。彼は今どうしているのでしょうね。

過去ブログ
使い捨てにされる「保証会社の従業員」たち
2013-10-12 
http://ameblo.jp/torabur/entry-11634534427.html




個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp