賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

連帯保証人の責任範囲はどこまでか?

大阪から戻って参りましたが、さすが大阪と言えば「たこ焼」なんですね。東京にも有名な、「銀たこ」がありますが、個人的には余り好きではありません。なにせ、たこ焼と言うより、「たこ揚げ」って感じで、あの油っこいのが苦手なんです~。それに比較して大阪の、しょうゆ味の風味は良いですし、外はカリカリで中はトロトロですよ。もう最終日は、たこ焼き屋をはしごしてしまいました。まあ、味覚は個人差があるので、銀だこ大好きと言うファンも多いようですが、自分は「くくる」も好きですね。

さてさて・・本題の件ですが・・

連帯保証人の責任ってどこまで続くんでしょうか?

アパートを借りる時は、「連帯保証人」+「保証会社」のダブルで要求される事もありますが、この件に付いては下記のブログを参考にして下さい。

【連帯保証人】保証会社に騙されるな!
http://ameblo.jp/torabur/entry-12145929934.html


(相談内容)2013年1月にアパート借りる時に連帯保証人になったが、2016年の6月になって管理会社から家賃滞納が12ヵ月(8万×12ヶ月=96万円)あるので支払ってくれと督促電話が来たが支払義務はあるか?

①2013年1月~2014年12月(2年)  賃貸借契約開始(連帯保証人になる)
②2014年1月~2015年12月(2年)  7月~滞納発生・・更新時に法定更新に移行 
③2016年1月~2017年12月     2015年7月~2016年6月まで滞納継続中

アパートなどの賃貸契約は、長期間居住する事が前提の契約なので、2年契約の場合でも、更新契約書の有無に関わらず、連帯保証人は賃貸借契約が解除されるまで責任は付いて来ます。

たまにですが、最初の2年間だけは連帯保証人になったが、更新の時は署名していないので、「自分は関係ない」「連帯保証人の義務は終わってる」から無関係だなんて言い訳は通用しませんのでご注意下さい。

でも、連帯保証人が責任を免れるケースがあるのです。(極秘)
この相談者さんの場合は、2015年12月には、すでに6ヵ月の滞納がある訳ですが、ポイントは法定更新になっている事です。(法定更新=契約期間の定めが無い契約)

滞納は6ヵ月を経過しますと、大家は賃貸借契約解除が可能です。(3ヵ月説もあります)
つまり、大家は賃貸借契約を解除できる権利を持ちながら、それを放置しておいて、12ヶ月滞納と言う状況になり、連帯保証人の債務を拡大してしまったと言う過失責任があるのです。

よって、②2015年7月~12月分の支払義務はあるが、③2016年1月~6月までの滞納金に関しては、連帯保証人であっても「支払を免れる可能性が極めて高い」と言う事です。但し、法定更新になっている事が絶対条件です。

参考までにどうぞ。

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp