賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【保証会社】過酷取立ては、違法である事を弁護士が解説します。

過去のブログでも、保証会社の過酷取立ては違法であるという事を、書いて来ましたが、今日は弁護士が、これに関する動画を上げていますので、参考にして下さい。

 

 

こうした、不法行為は、ほとんどの保証会社で常習的に行われており、極めて悪質な行為です。つまり、保証会社の経営者が違法と知りながら、故意に過酷な取り立て等をしていると言う事になります。

 

①玄関先で大声を上げて脅迫する。→脅迫罪(2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)

②玄関ドアをロックする→器物損壊罪(三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金)

③家財道具を運び出す。→住居侵入罪。窃盗罪(10年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

④立ち去るように指示しても居座る→不退去罪(3年以下の懲役または10万円以下の罰金)

⑤強制退去させると書類を書かせる→弁護士法違反(2年以下の懲役又は300万円以下の罰金)さらに、強要罪(3年以下の懲役。未遂罪であっても同じく3年以下の懲役)

⑥必要以上に支払いを求め、生活を脅かす→脅迫罪(2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)

 

こうした、不法行為は断じて、許されるべきではありませんので、その場で警察に通報して下さい。犯行の証拠保全のために、録画、録音をしまししょう。貴方のスマホには、何の為に、録画機能が付いているのですか?

 

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp