賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【保証会社】無知な取立て担当者とのやりとり

さて、今日の本題ですが、とある女性の相談者さんからの依頼がありまして、なんでも家賃滞納1ヵ月で、早くも「早く支払え」「強制退去だ」「荷物をまとめて出ていけ」とのメモ書きがドアに挟んであったそうで、怖くなって、当相談所に来られた方です。

とりあえず、電話で20分くらい状況を確認したところ、居住地は、私の事務所の近く(徒歩5分圏内)です。いや~しかし、こんな近くとは驚いたです。

 

相談者さんの話によれば、取り立て屋は、毎日夜の8時頃に訪ねて来るそうでしてす。もう彼女も泣いている様子なので、私も夜8時頃相談者さん宅へ訪問して見ました。

 

そこで、相談者と落ち合って合流したのですが、その直後に「取り立て屋」が参上して来たのです。もちろん取り立て屋は、「滞納金回収」+「明渡し交渉」をしに来たのですが、この取立て担当者は、まだ20代前半位の若いお兄さんでした。

ここから、話し合いがスタートした訳ですが・・・

 

保証会社 「早く家賃を払って下さいよ」

 

相談者  「今はありませんが給料日の25日には全額払えます」

 

保証会社 「それで払えなかったら、2か月滞納ですから待つことは出来ませんね。」「直ぐに払うか出て行って下さいよ」「こっちは家賃立て替えてんだからな」

 

私 「おいおいチョット待ちなよ」「滞納金の督促は求償権があるから問題ないが、出て行けと言う権利は保証会社には存在しないし、賃借権の解除は複雑な権利関係か絡んでるから、弁護士以外は退去交渉は弁護士法72条違反になるから、貴方に契約解除は出来ないけど、理解してますか?」

 

保証会社「いや、保証会社に契約解除する権利はありますよ」

 

私「はあ~」「私も法律は詳しくないので、教えて欲しいので、参考の為に、どんな法的根拠で追い出せるのか教えて下さい?」

 

担当者「それは、大家さんとうちの会社(保証会社)で、保証委託契約を結んでいるので、追い出す権利があるんですよ。」(キッパリ)

 

私「保証委託契約ですか?」

 

※解説

①大家と保証会社で結んでる契約は保証契約(滞納があれば立替ますと言う約束)

②入居者と保証会社で結んでいる契約は保証委託契約(滞納したら立替をして下さいと言う約束)

 

・どうやら、この担当者は、勘違いしている様子、どこにも契約解除なんて文言は一切ありませんですが、この担当者は自信があるようなので、とりあえず様子を見ます。

 

保証会社「そうです。保証委託契約です」

 

私「そうすると、追い出す時は、裁判になりますが、原告は保証会社名でするんですか?」

 

保証会社「いや、原告名は大家さんですね」

 

私「あれあれ~」「先ほど、貴方は保証会社に追い出す権利があるって言いましたよね」

「訴状は大家名になるのでしょうが、保証会社名も出すんですか?」

 

保証会社「当社の名前はでません」

 

私「社名が出せないなら、追い出す権利が保証会社にあると言うのはウソですよね?」「先ほどの話と随分と違いますが?」

 

保証会社「とにかく、保証会社は追い出す権利があるんですよ」「私は間違っていませんから、弁護士でも警察でも、どこにでも聞いて下さい!」

 

私「たぶん、貴方は間違った情報で洗脳されていると思うので、会社に帰って上司に再確認した方が良いでしょう」「もちろん私も確認して見ます」

 

保証会社「それにして、貴方はずいぶん詳しですが、何者なんですか?」

 

私「そんな全然詳しくないですよ」「貴方は専門家でしょうけど、私は単なる素人ですから気にしないでね」

 

※解説

賃貸借契約は、大家と借主の契約なのであるから、保証会社は部外者なので解除する権利は一切ありません。

・参考ブログ(保証会社に退去させる権利があるのか解説してます)

家賃保証会社の不法行為被害について(強制退去)

http://ameblo.jp/torabur/entry-11818267180.html

 

そして、

保証会社の担当者には、分割で滞納賃料はを給料日に支払うことで納得させて、帰らせましたが、こうした若い担当者は、何の法的研修も受けていないのでしょう。言葉や相手を間違えると、すべて自分の責任になってしまうので、回収担当者は勉強すべきですね。今回は、担当者を追い込んでも気の毒な気分なので、終わりにしました。

 

しかし、こうもキッパリと「追い出す権利があるんですよ。」と明言されると、呆れて返す言葉が無いですが、担当者本人の勉強不足も酷いもんです。こう言う方は、上司から言われた事に

裏付けを取らないで信じ込むタイプでして、救いようがないです。

 

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp