賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

こんな滞納はやめましょう。

本日は「こんな滞納はやめましょう」に関してです。

 

実は、家賃滞納と言うと、お金が無くて支払えないと言うのが、一般的なのですが、中には「故意の滞納」を発生させる方もおります。具体的には、借りてる物件に瑕疵があり、生活に不具合が生じている場合です。

 

例題として・・・

①隣人がうるさくて寝れない。

②水漏れがする。

③ガスが出ない。

④電気がつかない。

⑤エアコンの室外機がうるさい。

 

などなど、ですね。こうした不満があると、賃借人はイライラと不満が溜まって来ます。そして、大家に対して「改善要求」をするのですが、一向に改善しないので「バカらしくて賃料なんか払えるか!」となって、故意に支払うのを止めるのです。

 

まあ、私に言わせれば、大家も悪いところも沢山あるのが実情です。大家もアパートを建てたら立てっぱなしで、後はほったらかしです。私も管理会社に勤務していた時は、大家には厳しく指導してましたね。「大家さんも賃料を受け取っている以上は、建物設備を正常な状態で使用できる義務を負う」と言う事です。

 

こう言う指導を大家にしますと、中には「お前の会社にはもう頼まん」「契約打ち切りだ」とか逆切れする身勝手な大家も存在します。しかし、私にして見れば、こんな大家はお断りなんですよね。こんな大家のせいで、余計な手間暇が掛るので赤字なのです。よって、回答は「ハイわかりました」「大家さんからの指示で契約解除の手配をします」で終わりです。管理会社にして見れば、こんな大家は客ではないのです。この手の物件は、管理会社がコロコロと変わっているのが現状です。

 

さて、賃借人さんも、気に入らない事があった場合でも、家賃だけは支払いましょうね。賃貸借契約を結んでいる以上は、賃料支払い義務がありますからね。まれに台風で屋根が飛んでしまった場合などは、生活の本拠地として使用できませんので、その場合は支払は不要でしょう。

賃料の支払いを止める場合は、それなりの法的措置を講じてから保留しましょう。

 

 

昨日の相談者さんは、借りているマンションに不具合があるらしく、8月から賃料支払いをストップしているようで、大家さんとの修繕交渉も不調なようです。そうこうしてる間にも、滞納は8か月になってしまし、そして、あの悪名高いオーロラと言うヤクザが取立てに来たようで、当相談所にメールが来ました。

 

このオーロラは、かなり悪質なので「早期対応」と言うより「即日対処」が必要ななのですが、この相談者さんには、複雑で緊急性があるので、電話相談に切り替えるように提案しましたが、電話相談拒否されてしまいました。相談者さんはいろんな弁護士にも相談したようですが、引き受け拒否されているようで怒っていましたが、相談先が無いようで、当ブログに行き着いたようです。

 

内容としては、弁護士を紹介してくれとの事でしたが、「自分の名前を名乗らない」「住所も教えない」段階で、どうやって弁護士を紹介すれば良いのでしょう?こうした、ふざけた相談者も稀にですがおりますが、非常に無礼だと言えます。

 

やはり、無料相談にしているから、こうした相談者も寄って来るのかも知れませんね。この方だけでは無く、かなり軽いノリの相談者が増えているので、4月からは有料会員制にしようかと検討中です。

 

ああ。なんか今日は気分が悪いです。

 
 
AD