賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【裁判】敷金返還訴訟が始まる。

こんにちは。

 

先日、原状回復費用が高すぎるとの相談を頂いた方から、裁判を起こしたのと、ご連絡がありました。

 

この方は、敷金として、15万円を預託していたのですが、退去時の修繕費が、なんと22万円だったそうです。こうした理由から、相談に来られた方ですが、私の方で再計算したところ、適切な修繕費用は、3万5千円程度と算出いたしました。

 

 

相談者さんと、いろいろ検討したところ、訴訟を起こせば、かなりの部分で勝てると考えられるので、訴訟に踏み切りました。やはり、22万円 と 3万5千円では、大違いですからね。

 

原状回復ガイドラインが定められたにも関わらず、今でも、こうした修繕費のトラブルに関して、消費者センターに寄せられる件数は、一向に減少する気配を見せておりません。

 

こうしたトラブルが減少しない理由として、退去時に、原状回復トラブルとなるケースとして「入居時と退去時の部屋の程度差に関する、貸主と借主の認識の相違」がありまする。認識の相違とは「そのキズや汚れは入居時からついていたのか、入居中についたものなのか」や「キズや汚れは通常損耗なのか故意・過失にあたるのか」である。

 

こうした、トラブルを防止する為には、「入居時と退去時」のそれぞれ両方で、立ち会い記録を残す必要があるが、入居時の立ち合いは一切行われていないのが現状であろう。

 

こうした、立ち合いをする事により、かなりトラブルを減少させる事が出来るとおもいますので、入居時は必ず写真などを撮っておきましょう。

 

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp