賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

アパートの管理費・共益費って何に使われてる?

こんにちは。

 

残暑が厳しいですが、読者の皆さんは、体調管理は大丈夫でしょうか?

 

さてさて・・本日のお題は、「共益費=管理費」のお話です。

 

一般的な(例)としては・・・3階建て、エレベーター無し、12世帯の場合ですが・・

 

家  賃 6万4千円

共益費    5千円

合  計 6万9千円

 

とかの、パターンが多いです。

 

でも、この共益費って、何に使われているのか、ご存知でしょうか?

 

 

共益費とは、名前のとおり、「共用部分」の維持管理を、する為の経費に使われます。

 

大まかですが、使われるのは・・・・

 

・共用電気料 
・共用灯保守・交換料

・共用水道料
・ゴミ置場清掃費 
・定期清掃費 

 

などに引き当てられます。

 

例えば、上記のような物件の場合は、5千円×12世帯=6万円となりますが、実際に消費される共益費は、50%程度でして、残りは管理会社が、そのままポケットに入れてしまうケースが多いです。

 

ピンハネが多い業者=建物管理が悪い会社です。

 

大家さんは、この共益費に付いては、内訳は知りえません。つまり、入居者は、共益費として、毎月5,000円を支払っているのですが、実際には。2500円のピンハネをされている訳です。

 

こうした、共益費や管理費は、賃料の一部ですので、本来は、共用部分の蛍光灯などは、切れた場合は、すぐに交換するのですが、こうした交換作業を行わない管理会社は、相当にピンハネしていると思われます。

 

うちの場合でも、余った共益費等は返金する事はしませんが、無料のWIFI設備や、有料ケーブルテレビの無償導入費用として、使用しております。余った、お金をポケットに入れるのでは無く、設備面で、他物件との格差を付ける事により、入居率も上昇し、空室率が低下するので、最終的には、大家さんの収益も増加します。

 

共益費を値下げする方法も考えましたが、天災や想定外の事態より、設備破損が生じる場合もありますし、その場合は、共益費の臨時値上げも不可能ですので、値下げは断念しました。

 

今の時代は、空室になりますと、6ヶ月~などもザラですからね。こうした空室をリスクを防ぐには、退去者を減らす努力が必要なのです。 

 

 

 

当ブログ主は、大家さんには、「入居者は、お客さまである」と言う、気持ちを持たないと、競争には生き残れませんよ」と、いつも、口を酸っぱくして教えております。

 

こうして、教えてあげても、中には、「滞納者はどうなんだよ?」「滞納者は客と言えない」と、反論する大家さんもおりますが、「それとこれ」は、話がまったく違うのです。

 

こうして、別問題を、混同してしまう素人大家が多いですが、滞納者に対しては、感情的なシコリがあるだけで、入居者と大家が、顔を会わせる事は少ないので、特に問題ではありません。

 

まあ、色々ありますが、うちの場合は、余った共益費で、無料の Wi-FiI 設備や、ケーブルテレビの無料視聴サービス設備の導入をしています。

 

どんな、サービスを入居者が望んでいるのか不明ですが、郊外の敷地が広くて、駐車場がやたら広い物件は、「無料の洗車場」でも設置すれば、喜ばれるかも知れませんね。

 

 

まあ、簡単に言えば・・・・

 

大家さんもハッピー

入居者さんもハッピー

管理会社もハッピー

 

これを、目指しております。

 

それなのに、この秩序を乱して、「早く退去しろ!」と迫る、悪徳保証会社は、良く考えれば、マイナスの面も多いのです。

 

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp