賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【保証会社】日本セーフティーは、弁護士法違反です。

日本セーフティーは、遵法意識が意識が、極めて低い企業である事は有名ですね。

 

さてさて、ミニミニ東海不動産の、HPに、こんな表記が堂々と書かれていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

http://tokainet88.com/entry/90392/

 

 

特に、最下段の、「明渡し交渉まで行います。」って、記載されていますが、こうした明渡し交渉を保証会社が行うことは、完全な弁護士法違反となります。どうやら、この、ミニミニ東海不動産も、頭が弱いらしく、平然とこうした違法行為を認めているのでしょうか?

 

また、利用するメリットの2番目として、「日本セーフティー(債務保証会社)は、家賃滞納や原状回復費用(東京都ガイドライン東京ルール』に従う)等の入居者様の未払い金を速やかに代位弁済致します。」と記載してあります。

 

原状回復費用は、ガイドラインもしくは東京ルールによって、適正な、原状回復費用を算出する事になりますが、これを算出するのは誰が行うのでしょうか?

 

大家さん?

管理会社?

賃借人?

 

一般的には、大家さんから依頼を受けた、管理会社が行いますが、管理会社が計算した修繕費って異常に高いんですよね。とてもガイドラインに基づいて、見積りをしているとは思えません。

 

こうして、管理会社が賃借人の承諾なくして、見積もられた、修繕費が保証会社に立替えされてしまい、保証会社と賃借人で紛争になる事は良くある事です。

 

しかし、あきらめて泣き寝入りする必要はありません。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp