賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【詐欺】ミニミニでおとり物件

おとり広告空き部屋で 福岡県が措置命令 

実在しない賃貸物件を「おとり広告」としてインターネットに掲載したとして、福岡県は30日、同県内で不動産事業を営むミニミニ福岡(福岡市博多区)に対し、景品表示法に基づき改善を求める措置命令を出した。行政処分権限が2014年に都道府県に移譲されて以降、不動産のおとり広告に関する措置命令は全国初という。

 

しかし、「、不動産のおとり広告に関する措置命令は全国初」とか言ってますが、おとり物件なんて、日常茶飯事なので、行政も、見て見ぬふりで、仕事してない証拠ですね。、

 

アパマン・エイブルも、おとり広告の常習犯です。

 

 

CHINTAI NET」などに"おとり"物件情報掲載、エイブル排除命令 - 公取委


公正取引委員会は18日、消費者の誤認を招く行為を行ったとして、エイブルに対し景品表示法に基づく排除命令を出した。公取委によると、エイブルは賃貸住宅紹介サイト「CHINTAI NET」や「週刊CHINTAI首都圏版」などにおいて、存在しない虚偽の物件情報を"おとり"として掲載するなどしたとしている。

今回出された排除命令は、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」に基づき、虚偽の物件情報などに関して、一般消費者の誤認を排除するための公示を出すよう公正取引委員会エイブルに命令するもの。

公取委によると、エイブルは2007年3月25日~4月19日の期間、賃貸住宅紹介サイト「CHINTAI NET」において、本当は存在しない「福岡市博多区美野島2丁目 JR博多駅徒歩15分 1K 25平米 4万円」などとする物件情報を「おとり広告」として掲載。

 

また、2006年11月23日~12月11日においては、同社のWebサイト上で、すでに別の人が入居している「東京都東久留米市浅間町 西武池袋線ひばりヶ丘駅徒歩15分」などとする物件情報を掲載した。

他にも、「徒歩26分」かかる物件を「徒歩16分」と掲載したり、「1979年」に建築された物件を「1996年」に建築されたものとして掲載したりするなど、景品表示法に違反する表示を行っていた。

 

部屋さがしには、ネットで検索する方も多いと思いますが、不動産屋の広告には、「おとり物件」が、かならずあると言えるほど存在しますので、騙されないようにしましょう。

 

しかし、不動産屋の言い訳は、いつも同じで聞き飽きていますが、

49件も、おとり広告を出しておいて、「入力間違い」とか「掲載手違い」とかですが、49件も間違えるんですかね?

明らかな、確信犯ですよ!

 

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp