賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

ふざけた相談者 喝!

とある、女性相談者さんから、SOSのメールが届いてたので、連絡をとって事情を尋ねて見たたところ、以前住んでいた、一戸建ての賃料滞納と修繕費の請求額が、160万円になっており、その取り立ての態様が、ヤクザ丸出しで、困っているので助けて欲しいとの事です。

 

どうやら、保証会社は入っておらず、「大家さんとの直接契約」なのです。請求内訳としては、「家賃滞納 80万円 + 修繕費 80万円」でした。相談者さんの話では、とにかく相手が、怖くて脅迫されているらしく、とても電話なんか出来る状況では無いそうです。

 

そこで、私としては、金額も大きいので、「弁護士さんを介入させた方が良いのでは?」とアドバイスをしましたが、すでの相談者さんは、弁護士にも相談しており、費用が30万~40万ほど掛かるのを認識していました。

 

まあ、早い話が、そんな高額な費用は負担できないので、当相談所にすがる思いで来たようです。私としても、相談者さんの言い分だけでは、片手落ちなので、大家さんに電話をして見ると、ひどい剣幕で怒り心頭でしたし、なにせ、「とにかく言葉が汚い」方です。

 

私も、相談者さんに対して、私が代理で交渉しても良いですが、電話で話が付く相手では無いので、交通費の実費と、日当くらいは掛かりますよと伝えたら、「それでも良いのでお願いします」と頼まれたので、自動車を飛ばして、大家さんの家に行きました。

 

その、大家さんの自宅に着いたときに、直ぐに嫌な予感がしました。なぜなら、自宅の周りには、ヤンキーや筋系の方が、好んで乗っている自動車が多く止まっていたからです。もう、どう見ても、「やばい臭がプンプンする」のです。

 

まあ、ここまで来たのですから、帰る訳にも行かず、自動車から降りると、なんやら、「10名くらいの若い衆」が、ぞろぞろ私に近寄って来て、「なんだてめーは!」と凄んで来ます。もう、悪徳保証会社の日本セーフティーなんか比較になりません。

 

まあ、こう言う場合は、「慌てず騒がず」に、対応するのが一番なので、事情を説明すると、親父に伝えるから、ここで待ってろと言われたので、待機していると、3分ほどで、自宅に通されました。

 

 

自宅に入ると、応接間があり、こんな雰囲気の感じでしたね。床には、トラの毛皮が敷いてありました。まるで、「映画のセットかよ」と思いました。

ここで、待っていると、若い衆?が、お茶を持って来てくれたのかと思ったら、それは、「水割りウイスキー」でしたが、これには驚きました。

 

出された水割りを飲みながら、待っていると、50代くらいの男性が出て来て、私から、挨拶をしてから、ここに来た事情を説明しました。まあ、この業界では、「筋」を通すのが当たり前ですからね。

 

請求書の内容からすると、家賃滞納は本人も認めており、修繕費の内容に付いて、交渉の余地がありそうですが、なにせ、相手が相手なので、やりずらいです。

 

まあ、今日は、初めての話し合いなので、人間関係づくりに重きを置きましたが、相手も、なぜか私に好感を持ってくれたようで、なんだか知りませんが、「滞納者本人が、謝罪に来るなら、交渉に応じる」と言ってくれたのです。様子からすると、金額的には、丸めて160万→100万と言う事ですね。

 

なんだ、かんだで6時間も、お邪魔してしまいました。帰り際に、その幹部と思われる方に、「あんたは度胸があるね。よかったら、うちで働かないか?」「どうせ、今でも大した給料もらってないなら、車も買ってやるぞ」との、お誘いを受けましたが、「有難いお誘いを有難うございます。お気持ちだけ頂きます」といって、帰ってまいりました。

 

私も、事務所に戻って来てから、相談者さんに、「大家さんは、貴方が謝罪に来れば、60万値引きして100万円でいい」と、言ってますよ。あと、今日の交通費と日当8000円を支払って下さいねと伝えたところ、その相談者さんが言うには、「こうした報酬を受取る事は、弁護士法違反になるので、支払いません」と言ってきました。

 

私としては、相談者さんが涙声で、「なんとかお願いします」と、懇願するので、引き受けた訳ですが、そんなに支払いたくないのであれば、弁護士に依頼するか、自力で解決すれば良いのです。

 

私も、唖然としてしまいましたが、相談者さんの希望であれば、従いますので、「今回は請求はしません」 「交通費も自己負担します」ので、お代は、一切結構ですと伝えました。

 

その代り、明日にでも、私から大家さんに、電話をして、「代理をおりましたので、今回のお話は無しと言う事で、直接請求して下さいと伝えると」告げたところ、相談者さんから、それは困ると言われましたが、こうした、信頼関係が維持できない、相談者さんはお断りなのです。

 

なので、明日にでも、大家さんに電話します。

この手の相談者さんは、世の中をなめてます。

彼女がどうなろうと、私の責任ではありません。

 

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp