賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本賃貸保証に弁護士法違反の疑い。

こんにちは。

ヤフー知恵袋に、こんな質問がありましたので紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急です。
私は、日本賃貸保証という保証会社を通してアパートを借りています。仕事を辞めたりして、家賃を2ヶ月滞納してしまっています。携帯も止まっているため、保証会社に連絡できなくて、昨日、友人に携帯を借りて担当の方に電話をし、来週払いますと言ったところ、日曜日に面談をするから家に行きます、印鑑を用意しておいてくださいと言われました。来週払いますと言ったのに、なぜ訪問されるのでしょうか?
また、なぜ印鑑なのでしょうか?

母に相談したところ、印鑑は軽々しくおしちゃダメ、家にもいれちゃダメと言われました。わかるかた教えてください。滞納した私が悪いと十分わかっておりますので、批判はやめていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10181894410?__ysp=5pel5pys6LOD6LK45L%2Bd6Ki857eK5oCl44Gn44GZ44CC

 

・当相談所の回答

保証会社が、「印名を用意してくれ。」「書類にサインをもらいたい。」「事務所に来て欲しい。」と言うときは、必ず下記の書類に、署名と捺印を求められますので、これらに、絶対に応じてはいけません。

 

(賃料等支払い確約書)

上記の書類は、日本賃貸保証が、賃借人に署名を要求している事から、正確には、

立替えた弁済金を求償金として請求しているのだから、「賃料等支払い確約書」と言う名称は間違いであり、正確には、「弁済金支払い確約書」である。なぜなら、賃料は大家に支払うべき性質であり、保証会社に支払うものでは無いからである。

 

まあ、ここまでは、大目に見ても良いが、問題なのは、赤線のなかには、「1回でも滞納した場合は、1週間以内に明渡し、カギを返却する。」と記載してある。これは、明らかに、日本賃貸保証が、賃借人に対して、賃借権を放棄して、賃貸借契約を解除するように書面にて交渉している事から、明らかな弁護士法違反に該当する違法行為である。しかも、こうした書面を印刷業者に作成させている事は、極めて悪質である。

 

(建物賃貸契約解約届出書)

また、この建物賃貸契約解約届出書には、下記のような記載があります。

これと、同じ内容が、(所有権放棄ならびに明渡書)にも記載されていますが、こちらに関しても、滞納があった場合でも、家財道具は個人財産であるから、無権利の第三者(日本賃貸保証)が、これらの財産権を放棄させる事は法律上できない。よって、明らかな弁護士法違反に該当する違法行為である。

 

類似したケースでは、ゴミ屋敷問題があるが、路上にはみ出したゴミでも、なぜ、行政は勝手に処分出来ないのか?

 

それは、行政から見てゴミであっても、所有者が、「おれの所有物だ。」と主張しているので、ゴミでは無く、財産権が存在するからである。(個人財産)

 

 

これらの事から、賃借人が自らの意思で、退去を決断して、残置物を放棄する場合は、自主的に署名するものであり、保証会社が、威迫しながら書かせるたり、事務所に呼び出したりして、圧力を加えて書かせる性質の書類ではないのです。

 

もし、こうした書類に署名させられたとしても、自分の意思に反するのであれば、当然に無効であるから、これを取り消し、回避することは出来ます。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp