賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

今も続く、VESTA保証の架空請求。

こんにちは。

 

VESTA保証といえば、数年前に倒産した保証会社です。倒産の理由は、法人税滞納により、国税局から口座の差し押さえを受けたからです。しかし、滞納者には、893のような過酷取立をしているにも拘らず、自分では税金さえも払わないんですね。

 

 

当時の社長は、生山敬大氏でしたが、見事に倒産しました。この方は、悪徳金融で有名な、商工ローン(SFCG)の代表と深いつながりがある方です。(現在は倒産)この、VESTA保証の悪質な取立に関して、朝日新聞も追及しておりました。

 

朝日新聞の記事に対する反論文です。

↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の朝日新聞の記事について
本日付の朝日新聞の朝刊に、当社が家賃滞納者に生活保護の申請を指示し、それにより滞納家賃を回収するべく働きかけていたという記事が掲載されております。しかしながら、当社が回収のために家賃滞納者に生活保護の申請を指示したという事実はありません。毎日様々なアイデアを検討する中で生活保護手続きについても調査を行ったことがあるのは事実ですが、家賃滞納者に対して生活保護の申請の指示を行ったということはなく、当該記事は事実を意図的に歪曲することで読者に誤解を与えるものであります。そもそも当社は家賃滞納者に何らかの「指示」をする立場にはありません。また同記事では、「続く『大島支配』」と題し、株式会社SFCGの元会長である大島健伸氏が当社を「支配」をしている、と記載していますが、そのような事実もありません。大島健伸氏は長く上場会社を経営していたという手腕・実績があるため、当社の経営等について同氏にアドバイスを求めることはあります。その中から当社が実行可能であり、有益であると判断したものについては当社での機関決定を経て実行しますが、同氏は当社の役職員ではなく、当然に当社を「支配」する立場にはありません。なお、現在一部で問題になっている「追い出し屋」に関する一般的な内容を、当社の社名を出している記事の中で同時に掲載することで、あたかも当社が「追い出し屋」であるかのように意図的に見せかけているのは、看過できない業務妨害行為であり、極めて悪質だと考えています。さらに、当社は破綻した株式会社SFCGからは現在資本的に完全に独立しているにもかかわらず、あたかも当社が同社の系列会社であるかと誤認させるような記載についても甚だ心外です。以上を踏まえて、当社としては、朝日新聞に対して記事の訂正と謝罪を求めるとともに、法的措置も検討してまいります。以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家賃滞納者に対して生活保護の申請の指示をさせているのは、CASAや全保連も常態化してますね。

 

そして、この、VESTA保証と業務提携をしていたのは、レオパレス21でしたが、ESTA保証が倒産した事により、集金した賃料が、すべての家主や、管理会社への送金ができない状態となりました。

 

VESTA保証の社長は、送金遅延したのは、「国税局が悪い」と責任をなすりつけていました。

 

下記がその理由です。

↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・東京国税局に対する不服事由

差押対象となった預金は集金代行サービス会社が各家主様・加盟店様に代わり入居者から引き落とした賃料であり、本来各家主様・加盟店様に送金すべき「預り金」に過ぎず、差押を行うべきではない旨を東京国税局に対して説明を行いましたが今回強硬に預金の差押が行われました。当然弊社も今回の処分については到底受け入れられないものであり、今回の処分に対して東京国税局長に対して不服申立を行う所存でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不服申立てをしたようですが、却下されたようです。

 

倒産時に、顧客情報が流失しており、このリストを利用した架空請求事件が頻発しておりました。どんな、架空請求かと言いますと、入居者名簿を元にして、「家賃が支払われていない」と脅迫して、取り立てる詐欺手法です。

 

これに関しては、レオパレス21も、注意喚起をしておりました。

 

レオパレス21から入居者への通知(要約)→

入居者様へ、当社は、VESTA保証との、業務提携の解消により、賃料はVESTA保証宛てではなく、レオパレス21にお支払いください。

 

・VESTA保証から入居者への通知(要約)→

家賃支払を延滞されている入居者様は、家賃保証委託契約に基づき、株式会社レオパレス21宛ではなく弊社株式会社VESTA宛にお支払下さるようお願い申し上げます。本件については電話及びダイレクトメールで別途ご連絡申し上げます。

 

これにより、入居者は大混乱になったのです。それにまして、VESTA保証から流失した、名簿を利用して、詐欺師まで登場したので、入居者は、いろんなところから請求がくるので、もう理解不能だったでしょうね。

 

しかし、このVESTA保証の前社長は、最近になって、なぜか、あの「オーロラ」の社長になってます。オーロラも、VESTA保証が倒産した時に、タダ同然で、債権を買い受けたたようですが、怪しい会社には、同類が集まると言う事だけは確かなようです。

 

VESTA保証も、ほとぼりが冷めたようです、また、同じ社名で、事業を再開していますが、あたまがオカシイです。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp