賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本賃貸保証に架空請求の疑い。

こんにちは。

保証会社って、どうして、こうもいい加減なのでしょうか?

 

無事に退去を完了し、立ち合い時には、(管理会社・保証会社・賃借人)が立ち合い、修繕費用が敷金内で収まる事を、確認したにも拘らず、後日になって、保証会社から、「修繕費が敷金では不足なので、6万5千円を代位弁済(立替え)たから、早く支払えとの督促電話が来たそうです。

 

そこで、賃借人は、保証会社に対して、「修繕明細を見せろ」と要求したところ、なんと、保証会社から、返って来た言葉は、「じゃあ不要です」でして、いったい、これはどう言う意味なんでしょうか?

 

もともと、保証会社は、賃貸人から請求を受けて、これを代位弁済して、賃借人へ請求する性質のものです。

 

まれに、保証会社が、良く使う詐欺手法としては、適当な請求金を捏造して、それを賃借人に請求して、金員を騙し取る詐欺方法です。

 

賃借人にしてみれば、しつこく脅かされれば、支払ってしまう方もいる事でしょうね。

ことわざにも、「保証会社を見たら、泥棒と思え」とあります。

 

【意味】 

保証会社は信用できないものなので、軽々しく信用しないで疑ってかかれというたとえ。 

 

保証会社の担当者は、その場限りの言い訳が多いので、絶対に信用してはなりません。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp