賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

フォーシーズ 賠償命令 福岡地方裁判所 (独自研究資料)

フォーシーズの違法取立に対する判決

 

福岡地方裁判所 平成21年12月4日 判決

裁判官 高野 裕

 

主文

被告(フォーシーズ)は、原告に対して、22万円を支払え。

 

・事件の概要

滞納家賃の支払いを長時間にわたって強要されたとして、福岡市内の30代男性が家賃保証会社「フォーシーズ」(東京)と同社従業員らに慰謝料など計110万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が3日、福岡地裁であった。 

高野裕裁判長は「心身の安全や生活の平穏を脅かした」とし、午後9時以降の取り立てなどを不法行為と認定。一審の福岡簡裁判決が午前0時以降の取り立てに限って命じた慰謝料5万円を変更し、慰謝料を含む22万円に増額した。 

午後9時から深夜3時までの取り立てを行っていただけでなく、入居者をドラッグストアに停めていた自動車に乗せて、金策に走らせていたとされる。
 

 

フォーシーズが無理やり書かせた念書など


高野裁判長は、従業員が午後9時から午前1時まで借り主の男性宅の玄関先に居座り、無断で部屋に立ち入った行為を「社会通念上、認められる限度を超えている」と非難。午後9時以降の取り立てを禁じる貸金業法の施行規則と同様の基準を示した。 

二審判決によると、従業員は2007年8月末、男性宅を訪れ、1カ月分の 滞納家賃5万2500円の支払いなどを要求。その際、男性に無断で財布の中身や携帯電話を見たり、母親宅に連れて行って土下座させたりした。 

3日後に支払いがなければ、親族の子が通う小学校に行く」と脅しもした。男性が借りたのは敷金、礼金なしの「ゼロゼロ物件」のアパートだった。 

男性側は上告しない方針。保証会社は控訴しておらず、判決は確定する 見通し。同様の「追い出し屋」被害をめぐっては国土交通省社会資本整備審議会の部会が家賃保証業の規制策を検討している。

同社は「判決の詳細は見ていないが、厳粛に受け止めている。今後も更なるコンプライアンスの徹底に努めていきたい」との談話を出した。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp