賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

話しのわかる男がいた。(珍) 日本セーフティー

こんにちは。

 

ある相談者さんから、日本セーフティーの過酷取立に困っているとの連絡を受けました。

 

そこで当相談所から、日本セーフティーの担当者に電話をしたところ、先方も、入居者と連絡が取れなくて困っているようです。

 

滞納者と言うのは、どうしても負い目があるので、連絡が遅れる事がありますが、そこへ威迫を持った債権回収が行われると、どうしても萎縮してしまい、電話などには出なくなります。

 

まあ、私にして見れば、どっちも悪いと思うのです。別に電話に出ても、日本セーフティーに殴られたり、殺される事もありません。。

 

せいぜい電話で、侮辱されたり、人間性を否定されたりする程度です。

 

私から、この担当者の違法性を、具体的に指摘し、違法な行為は、直ちに中止するように求めました。

 

また、滞納賃料は分割弁済すること提案し、担当者と話し合ったところ、なんとか分割案が決まりました。

 

また担当者が私に対して、「最初から、貴方と話しが出来れば良かった。そうすれば、こちらも無駄な電話や訪問をする必要もなかったです」と話しておりました。

 

それと滞納者さんが、不快に感じたのであればお詫びしたいとの事です。

 

いつもは「金払えや」「出て行け」などの一点張りで、お話にもならないケースが殆どですが、20人にひとりくらいは、話のわかる男もいるようです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp