賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本セーフティーへの苦情受付 

日本セーフティーの、過酷な取立てが、表面化しており、国土交通省への苦情が続いております。

 

家賃債務保証業者登録制度がスタートして、半年を経過しました。日本セーフティーも、登録業者ですが、業務の適正化を図るために定めた、深夜早朝などの過酷取立て・勤務先への、嫌がらせ多重督促電話・保証人の勤務先への多重督促・無関係な第三者への支払い強要・滞納者宅への居座り行為で警察沙汰・不退去罪による警察からの警告・強制退去させるなどの脅迫行為・弁護士法違反などが頻発しており、業務の適正化を図る目的で創設された、登録制度を無視して、違法行為を繰り返しております。

 

当報道局においても、同社の統括管理部(債権回収部門)に話をしましたが、相手を威嚇し、又はその私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、相手を困惑させる言動が確認出来ました。

 

・関連記事 

国土交通省   日本セーフティーの取立実態を調査へ

https://ameblo.jp/torabur/entry-12381501334.html

 

 

こうした、言動に対して、改めるように注意したにも関わらず、一向に改善せずに、開き直っております。こうした言動は、家賃債務保証業者登録制度に反する行為であることは、明らかである事から、被害者の方は、国土交通省へ通報が必要です。

 

■苦情の申立て■

 

・電話の場合

 国土交通省・住宅局・安心居住推進課・家賃債務保証会社係り

 03-5253-8111 (内線)39864

 

・FAXの場合

 03-5253-8140(直通) 

 

FAXでの通報では、書式は自由になりますが、下記のひな形を参考にすると良いでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FAX 見本

 

家賃債務保証業者に関する苦情申し立て

 

               国土交通省住宅局安心居住推進課

               家賃債務保証会社係り 御中

 

・通報者

●●●●●子

・電話番号

●8●ー●●●●ー●●●●

 

・対象業者名

日本セーフティー株式会社

 

・被害状況   

日本セーフティーからの異常な取り立てで苦しみ、自殺しようと悩んでおります。国土交通省の登録業者だと言うことで、不動産屋に勧められたので契約しましたが、昨日も、朝7時ぐらいに、日本セーフティーの東京本社の統括管理部の●●氏と、もう一人が、家を訪問し、ドアを強打したり、チャイムを15分以上にわたり連打されました。その後も居座り続けており、こちらも、仕事に遅れるから、話は出来ないと言っているのに、「早く出ていけ!」「一括で払え」と怒鳴られました。

 

それでも、●●氏は、私を仕事に行かせず、おかげで、仕事は遅刻し、上司から叱責されました。また明日に来ると言って帰りましたが、今日も激しくインターホンを鳴らし、ずっと家の前で待機しているので仕事にも行けません。こんな業者が、登録されているのは異常なので困っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通報するにあたり、住所は不要ですが、登録業者として問題ある事案の場合は、国土交通省より、詳細を聞かれる場合がありますので、協力をお願いします。また、氏名などの個人情報が、開示される事は一切ありません。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

全保連  日本セーフティー CASA 日本賃貸 カプコエージェンシー CAPCO AGENCY 取立て 家賃滞納 脅迫 居座り 強要 明渡し 無断侵入 室内侵入 安否確認