賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

保証会社の対応の比較

取立方法が原因と思われるトラブルが横行している保証業界ですが、対応の差がありますので比較して見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

・A社の場合 

賃貸トラブル相談室報道局 様へ

以前に応対させていただきました、○○○○保証の○○と申します。この度は、弊社担当:○○がご不快な思いをさせてしまったことをお詫び申し上げます。

 

本当に申し訳ございません。

日ごろから、お客さまとの応対には失礼のないよう取り組むように指導しておりましたが、徹底されていないことを改めて認識いたしました。

 

今後、同様な事態を再発させぬよう、社員教育の徹底に努めて参ります。 また、○○様のお許しがいただければ、担当を私に変更させていただき、ご相談させていただければと存じます。

 

ご不快な思いを抱かせてしまったことを重ねてお詫び申し上げます。まずは取り急ぎメールにてお詫び申し上げます。

------------------------------ --------------------

○○○○保証株式会社

お客様管理部 ○○○○

○○ ○○

〒163-0015東京都新宿区○○○○1-2-3 新宿ビル15階

TEL:03-○○○○-○○○○ FAX: ○○○○

------------------------------ ----------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・B社の場合

賃貸トラブル相談室報道局 様へ

ブログ記事に関しての問い合わせ

○○○○保証の弁護士○○○と申します。平成30年○月○日に投稿されている「○○○○保証の悪質取立て」と題するブログ記事に付いてですが、弊社では、このような事件があった事は把握しておりません。こうした事件が事実であれば、弊社としても無視する事が出来ない状況です。弊社では、コンプライアンスとして社員教育を徹底しておりますが、事実関係を把握したいので、お時間がありましたら、面談するお時間を頂けないでしょうか。弊社の従業員が、契約者様に対して不快と感じられる言質があった場合は、責任者からも謝罪をする所存ですので、お時間を頂けますようお願いします。

 

------------------------------ --------------------

○○○○保証株式会社

法務部 弁護士 ○○○○

TEL:03-○○○○-○○○○ FAX: ○○○○

------------------------------ --------------------

 

・フォーシーズの場合。(抜粋)

 

アメーバブログ「賃貸トラブル相談室報道局」管理人殿

半蔵門総合法律事務所の弁護士岩田と申します。
フォーシーズ株式会社の代理人として、貴殿に対し、貴殿が運営しておられるアメーバブログ「賃貸トラブル相談室報道局」の記事につき警告いたします。

警告の要旨を述べれば、次のとおりです。
すなわち、貴殿は、本日付けの「フォーシーズ 取り立て→正座しろ!」と題するブログ記事において、などと記載しておられますが、いずれも事実(真実)ではなく、これによって不当にフォーシーズ株式会社の名誉・信用を毀損しておりますので、速やかに記事を削除した上、謝罪記事を掲載するよう求めます。なお、上記措置が講じられない場合には、通知人において、民事・刑事上のしかるべき措置を講じることになりますので、併せて警告いたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 弁 護 士 岩 田 拓 朗
    半蔵門総合法律事務所
   TEL 03-3239-2141  FAX 03-3239-2142
****************************************************

 

どうして、こんなに対応が違うのか・・・

どうして、こんなに攻撃的なのか・・・・

どうして、こんなに上から目線なのか・・・

 

比較してみると・・・・

AB社の場合は、「どんな言葉のやり取りがあったのかは確認していないが、いずれにしても、お客様に対して、不愉快であると感じる、言動をしてしまった過失を認めており謝罪しているのでしょう。

 

フォーシーズの場合は、とにかく、ブログに書かれているような、事実(真実)は一切ない。つまり、入居者が不快に思う言動も一切ないとしている点です。だから、弊社の信用を傷つけたから裁判を起こすと言っているのです。しかし、フォーシーズの警告文には、お客様には迷惑をかけた事に付いては、まったく触れていないのです。

 

事実も無い

真実も無い

 

しかし、凄い論客ですよね。・・・真実も無いって・・

 

20代の被害女性が、警察署で、泣きながら語った被害相談・・・

この相談内容も、女性の嘘だと言っているのです。 

 

被害者の名誉や信用は関係ない。常に、自分の利益しか考えていないと考えられます。

 

しかし、保証会社って変な存在ですな。

保証料は払ってもらいたい。だけど滞納は一切認めない。

 

取立屋に言いたいのだが、自分の給料は、どこから出ているのか考えるべきだろう。まあ、考えたところで、理解も出来ないでしょうね。弁護士の陰でコソコソしていないで、出て来い!と言いたいですな。かよわい女性には強く出るくせに、報道局が相手だとダンマリですか?

 

まあ、どちらの対応が良いのか、それは、読者の個人判断ですね。人生いろいろ、考え方もいろいろですからね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

全保連  日本セーフティー CASA 日本賃貸 カプコエージェンシー CAPCO AGENCY 取立て 家賃滞納 脅迫 居座り 強要 明渡し 無断侵入 室内侵入 安否確認 不当 ヤクザ 

 フォーシーズ ほっと保証