賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【続報】保証会社のなりすまし訴訟疑惑

前回の記事の続報です。

日本セーフティーなりすまし訴訟か?

 

明渡し訴訟を起こされた方からの情報提供です。

 

保証会社は、日本セーフティーです。

 

裁判所から、訴状が届いたのでビックリした賃借人さん。

なので・・こんな状況となっております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・原告 賃貸人(大家)

・原告訴訟代理人 

(石川・若松法律事務所)

若松 巌 弁護士 

石川 博臣 弁護士

 

・被告 賃借人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この弁護士らに対して、委任状の開示を請求しましたが、いずれも開示拒否です。でもね・・開示して貰わないと本物か分からないのです。

 

そこで、大家さん(生和不動産←松岡修三がTVCMの会社です。)に対して、明渡し訴訟を起こしたのか?また、この弁護士らに依頼したのか尋ねたところ、書面で回答があったようです。

 

生和不動産からの回答書

↓↓↓

 

拡大します。

↓↓

 

要約すると・・・

「弊社から、石川・若松法律事務所に、明渡し訴訟を依頼したことはございません。詳しくは、日本セーフティーにお問い合わせ下さい。」と書かれております。

 

つまり、大家さんは、訴訟なんてしていない、保証会社がやったと思うので、そちらに聞いてくれと言うことです。

 

そうすると、この弁護士らは、どこから委任状を調達したのでしょうか?

道理で委任状が開示出来ない訳ですね。だって大家さんは依頼してないと言ってるのです。

 

つまり、この訴訟は、弁護士らか、保証会社が訴訟委任状を勝手に署名して捏造した訳です。

 

もちろん、この弁護士らは委任状を、大家から受領したとしている訳ですから、これは立派な私文書偽造同行使であり、裁判所までも騙している訳です。

 

これは、悪質なので、この弁護士らに懲戒請求を行いました。

 

・若松 巌 弁護士の懲戒請求

↓↓↓

 

・ 濱崎 太郎  弁護士の懲戒請求

↓↓↓

 

いずれも、平成30年7月19日付で、東京弁護士会に受理されております。

 

犯罪が行われていると知りながら、弁護士が協力して、訴訟を提起するなどは、弁護士倫理からも許す訳には行きませんね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

全保連  日本セーフティー CASA 日本賃貸 カプコエージェンシー CAPCO AGENCY 取立て 家賃滞納 脅迫 居座り 強要 明渡し 無断侵入 室内侵入 安否確認