賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

なりすまし。それに加担するALG&Associates法律事務所

こんにちは。

保証会社が、良く利用している法律事務所は、なぜか、横文字の法律事務所が、圧倒的に多いと感じます。あの不祥事を起こして、業務停止した、アデイーレ法律事務所も横文字ですね。

 

日本セーフティーが、良く利用しているのは、「スター法律事務所」

全保連が、良く利用しているのは、「ベリーベスト法律事務所」

日本賃貸が、良く利用しているのは、「ALG&Associates法律事務所」

 

若い弁護士が、集まって事務所を構えると、なぜか、横文字になるようです。

こうした弁護士法人は、若手弁護士が非常に多く在籍しており、20代後半の、ピカピカの一年生も多いです。これらの事から、取り扱っているのは、離婚、過払い金、支払い督促、明渡し訴訟、など、簡単な事件ばかりを扱っているようです。

 

その中で、ある相談者さんによれば、家賃滞納2か月で、明渡訴訟を前提とした、内容証明が、「ALG&Associates法律事務所」から、送られて来たそうです。

 

内容証明によれば・・・・下記のように記載してあったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賃借人 ●●●夫 殿

前略 当職らは、賃貸人の代理人として、以下のとおり通知 します。(中略)よって、本書面到達後、5日以内に、滞納賃料の全額を支払わない場合は、賃貸借契約を解除しますので、建物を明け渡すように請求します。なお、今後は、賃貸人(大家)への直接連絡は、ご遠慮ください。

弁護士 ●●●太郎

弁護士 ●●●花子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この内容証明を受け取った、賃借人さんは、大家さんとの関係は良好で、さっそく、大家さん宅へ訪問して、「内容証明」差し出したのか、確認したところ、大家さんは、「そのような内容証明は出していない」との回答でした。それに、明渡しさせる事などは、考えていないし、これからも住んでもらいたいと思っているとの事です。

 

そうすると、この内容証明は、誰が出したのでしょうか?

 

答えは簡単でして、日本賃貸保証が、大家の名前を勝手に使用して、弁護士とグルになって差し出したのです。(非常に悪質であり、なりすまし訴訟ですね。)

 

そこで、今度は、弁護士に電話して、「本当に大家さんから委任を受けて、かつ弁護士が受任したのであれば、委任状と受任書を見せて欲しい」と尋ねたところ、「見せる必要は無い」と言われたそうです。

 

しかし、あれですよね。内容証明には、「当職らは、賃貸人の代理人」と名乗っている訳ですから、大家からの委任状等を見せないと、賃借人からしても、この弁護士が、本物なのかの判断も出来ませんね。それでなくても、世の中には、詐欺が横行しているので、用心が必要です。

 

この弁護士が、「委任状を見せる必要は無い」と言っているのは、委任状が無いからなんですよ。あるのは、「日本賃貸保証からの依頼書」です。だから、出せないんですよね。

 

こちらも、見せるように追及したところ、電話をガチャ切りされたそうです。こうしたガチャ切りって、弁護士事務所の倫理として問題が多いですね。これらの事から、東京弁護士会に対して、苦情を申し出たところ、「そのような内容証明は違法であるから、そのまま返送して下さい。」とのアドバイスを受けたそうです。

 

その後も、ALG&Associates法律事務所に、しつこく苦情を入れたところ、一通の通知が届いたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通知書

当職は、本件から辞任いたしました。

ALG&Associates法律事務所

弁護士 ●●●太郎

弁護士 ●●●花子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当職では無く、当愚か者は本件から辞任いたしましたでしょう。

 

こんな紙切れ一枚で、すべて終了したと思っているなんて常識なさ過ぎですね。誠意を見せるならば、大家さんと賃借人に対して、菓子折りの一つでも持って、謝罪に行くべきでしょう。

 

事務所に電話をしても、担当弁護士は来客中とかで、一切電話にでず、事務員が対応したようですが、先ほどまでは事務所にいたのに、こんどはいつの間にか外出中だそうです。

 

つまり、この無責任弁護士は、さっさと逃げた訳です。

(平成の無責任男)

男は黙ってサッポロビール

弁護士は、黙って窓から逃げる。

 

 

なんとも情けない弁護士ですが、これでも一応は経営者層に名をつらねております。

 

法律家と言うのは、世間知らずが多いの有名でして、きっと難しい本ばかりを読んでいたので、世間の常識を知らないのでしょう。

 

どんな間抜け弁護士でも、バッチを付ければ、周囲からは「先生せんせいセンセイ」とチヤホヤされて育って来たのです。だけど年収は300万。

 

苦情を言えば、馬鹿の一つ覚えで「業務妨害だ!」のオウム返しです。

 

そんな、社会的常識を持ち合わせていない人格欠如者が、弁護士とは片腹痛いですな。こいつは他にも悪いことをしていると考えられるので追及して行きます。

 

もちろん大家さんは、名前を無断で使用されたので、激怒しており、その後も、いざこざが続いている模様です。

 

もちろん、この弁護士事務所と弁護士2名に付いては、すでに懲戒請求を提出ずみです。

 

しかし、最近の若手弁護士らは、弁護士余りで仕事がないので、もうメチャクチャですね。やってることは、グレーゾーンで生きている人種と同じである。

 

それに、弁護士バッジを付けたとたんに、何か、自分が偉くなった気分になるのでしょうか?

 

あの、クソ生意気な態度はなんでしょう?

 

そんなことで、この偉そうにしてる、勘違い弁護士対して、ことわざをプレゼントするので、毎日毎日、10回は読むようにしなさい!

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな

稲の穂は実るほどに穂先が低く下がるものです。 人間も本当に偉くなればなるほど、謙虚な姿勢で人と接することが大切であり、会社も成長・発展すればするほど、会社の態度・社員の態度が丁重にならなければならない。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp

全保連  日本セーフティー CASA 日本賃貸 カプコエージェンシー CAPCO AGENCY 取立て 家賃滞納 脅迫 居座り 強要 明渡し 無断侵入 室内侵入 安否確認