賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

弁護士から契約解除通知が届きました。

家賃滞納を続けますと、弁護士から契約解除通知がとどく事があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■内容(抜粋)

当職は、通知人(大家)代理として次のように通知します。貴方は、賃料3ヶ月分を滞納しており、こうした行為は信頼関係を破壊する行為ですので、本書面を持ちまして契約解除します。よって、平成30年7月20日までに明渡してください。明渡しに応じない場合は、法的措置を講じます。

 

●●●法律事務所 弁護士 ●●●●●㊞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このような感じで通知書が届いたそうです。この賃借人さんは、大家さんと人間関係が良好であり、先日も喫茶店でお茶をしたそうです。そこで不審に思った事から、大家さんに手紙を送ってたところ、次のような返信があったそうです。

 

弁護士依頼についてのご回答(抜粋)

先日ご送付いただきました件ですが、当方から石川若松法律事務所に、依頼をしたことはございません。詳しくは、日本セーフティーにお問い合わせ下さい。今後とも宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれあれ・・・大家さんは、弁護士などに依頼した覚えは無いと言ってます。それも書面で回答してます。そうすると、この訴状や解除通知は、日本セーフティーが大家さんになりすまして、裁判所に提出したようです。

 

これって完全に違法ですよね。私文書偽造・詐欺罪・虚位訴訟による損害賠償請求も可能だと思いますがどうでしょう。

 

ホントに今の世の中は、おれおれ詐欺を含む、悪い奴が溢れていますね。この弁護士らも詐欺師の片棒を担いでいるとしか思えません。

 

今後の成り行きに注目案件ですね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp