賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本弁護士連合会から講演依頼があった話し

もう暑いとしか言葉がでません。

「熱いですね~」が、挨拶かわりです。

 

名古屋でも、40℃になったようです。

おとなりの京都も暑いのは有名ですよね。

 

話しは戻りますが、少し前にですが、日弁連からの依頼で、講演に行った話です。

 

場所は、霞が関弁護士会館にあるクレオと言うホールでしたが、参加者は、100人程度はおりました。

 

講演に呼ばれたと言いましても、私などは前座に過ぎず、時間は20分しかありません。

 

 

メインの基調講演は、東北大学の教授さんでして、60分ほどやってました。教授は大学院を卒業後に、大学の研究室に入られたそうで、博士か学者さんのようです。

 

それに比較すると、私は学歴も無く、法曹界とは多かれ少なかれ関係ある方や、マスコミのカメラも回っている状況で、堂々と話しをするのは大変な度胸がいるのです。

 

持ち時間が20分だけなので、長話は出来ませんが、ペース配分を考えて喋るのですが、ちゃんとカンペが出るので大丈夫です。

はい「あと10分」とか・・「あと5分」とか出してくれます。

 

こうしたカンペがありますと、話し手も大助かりです。

 

そして、私の時間はあっと言う間に終わってしまいましたが、喉が渇いたので、水を飲んでいたら、弁護士会の女性スタッフの方が、笑顔で「有難うございました。」と言いながら、謝礼金をもって来てくれました。

 

帰りに電車の中で、封筒を開けてみると、しっかりと税金が控除されており、源泉徴収票もありましたが、こんな短い時間でも、ちゃんとしたお金がもらえます。

 

私の場合は、アルバイト代程度でしたが、有名な先生ですと、一公演で50万とかはザラだそうです。

 

また機会がありましたら、呼んでくださいね。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp