賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

こんな相談者はお断りします。

昨日、女性から、こんな相談が寄せられました。

5月に退去して、原状回復費用70万円が請求されていたようですが、消費者センターに相談して、50万円まで減額出来たそうです。

その後に、もっと減額できないかと、宅建協会にも相談したようですが、進捗は無く、管理会社からの取立は厳しくなり、督促が激しいので当相談室にたどり着いたのです。

相談内容としては、「この50万円の請求は合法なのか?」と言う事ですが、請求明細から見ますと、まだ、かなり違法性が高く減額できる可能性があると感じました。

ただ、案件としては非常に複雑で、消費者センターや宅建協会でも解決できなかったようですから、当相談室に来たのでしょう。

複雑な案件なので、もう少し詳し内容や、今までの経緯をお聞きしたいので、電話相談に切り替えたました。相談者さんが指定した時間に電話したのですが、相談者さんに電話しても出ません。なぜ、「電話をしたのに出ないのか、メールで聞いたところ、手が離せない」とのことでした。

それなら、手が空いてる時に電話を折り返すのが礼儀だと思いますが、この方は、その辺が理解できないようでして、着信メールには「出来ればメールで希望」との事です。

あのね~私から言わせれば、こんな複雑な案件を解決するためのノウハウを、メールで教えろと言うのでしょうか?メールにすると、A4原稿用で、200枚程度の量になるのですが、こんな大変な作業を、私に書かせるんですか?(時間にして数日は掛かる量です)メール相談の限界は、言葉のニュアンスが伝わりにくい事や、長文だと打つのが大変ですし、こちらも仕事の合間に相談に乗っているのです。

そんな情報を、貴方に送ったところで、素人の貴方が簡単に理解出来る訳もありません。こう言う相談者さんは、自分で解決しようと言う姿勢は良いのですが、部分的知識しか持ち合わせていない素人さんが、業者さん相手に交渉しても、周辺知識を持ち合わせていないのですから、簡単に撃沈されてしまいます。

これらの事から「弁護士に相談して下さい」と、アドバイスをしましたら「弁護士に相談します」ですって・・それなら、最初から弁護士に相談すれば良いのにね。きっと、今まで弁護士に相談しなかったのは、料金が高いからでしょうね。依頼すれば20万~30万の費用は掛かるでしょうし、先生も、その位は貰わないと合わないから、数万円程度じゃ引き受けない事は明らかでしょう。

こちらとしては、「困ってる方を助けたい」「力になってあげたい」と考えていますが、この方は、当相談室を半分なめているようで、上から目線なんですよね。こう言う方を見てると、無性に腹が立ってイライラして来ます。まあ、早い話が、この相談者さんは、部分的知識のつまみ食いタイプなので、一番始末が悪いです。