賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

連帯保証人が死亡したら保証会社に入る義務はあるのか?

こんな相談が寄せられました。

賃貸マンションを借りているのですが、連帯保証人である父親が亡くなりました。そうしましたら、管理会社から、保証会社に加入するように言われてますが、入る必要があるのでしょうか?保証会社に加入しない場合は、賃貸借契約が打ち切られて強制退去させられるそうです。

f:id:torabur:20180904154305j:plain

・回答

連帯保証人が死亡した場合でも、賃借人は引き続き、そのまま居住する事ができます。その理由として、賃借人には賃借権が発生しており

すでに物件化している事から、新たな連帯保証人が準備出来ない場合でも、賃借権を主張できます。

 

よって、管理会社から、保証会社への加入を義務付ける事はできませんし、加入を拒否しても問題ありません。

 

連帯保証人が、死亡した場合は、その財産を受け継いだ方、(相続人)が自動的に連帯保証人となります。

 

もし、相続人が、相続放棄などをした場合は、連帯保証人としての義務も負いません。

 

そうすると、その賃貸マンションは、連帯保証人が付いていない賃貸借契約だという事になりますが、何の問題もありません。

 

個別相談窓口・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp