賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

大家さんからの相談です。

たまにですが、大家さんからの相談も寄せられるのです。

この方は、中古のアパートを購入したそうです。(1DK×8世帯)

相談内容と言うのは、リフォームが終わって、いよいよ入居者を募集するそうですが、管理会社は付けないで自主管理になるそうです。(そちらで管理は出来ますか?)とも聞かれました。

 

客付の仲介業者が、個人経営の不動産屋なもので頼りないらしく、保証会社を選定するにあたり、「どこを選んだら良いのか?」と言う相談です。

 

大家さんとしては、入居者さんには出来るだけ長く住んでもらいたいそうです。

私から見ましても、「それは当然ですよね~」と言う感じです。

 

保証会社選びを間違えてしまいますと、せっかく入居した方も、1か月の滞納くらいで「出ていけ!」「荷物を捨てるぞ!」なんて脅かして来るので、入居者さんもビックリして退去してしまいます。

 

退去となれば、またリフォーム費用や、ハウスクリーニング、募集広告代、空室機関のチャンスロスなども発生してしまうので、数か月の滞納で、入居者を積極的に追い出す人は100%いません。

 

もちろん追い出し行為をしているのは、保証会社です。

・保証会社が追い出しをするメリット

①早めに退去させて、新しい保証料をゲットできる。

②代位弁済するのが面倒

③更新保証料1万円じゃやっていけない。

 

つまり、保証会社にとっては、どんな優良客でも、1年以内に退去して入れ替わるのがベストな訳です。

 

相談者さんによれば、仲介業者からは、つぎの保証会社があるとの事です。

・日本セーフティー

・全保連

・ジェイリース

リクルート

・フォーシーズ

・カプコエージェンシー

 

大家さんにしてみれば、どこの保証会社が良いかまったく分からないでしょうから、ずばり「ジェイリース」「リクルート」を勧めました。

ジェイリースは、年商60億規模で、これだけ苦情が少ないのは見事です。

リクルートは、昨年からオリコの傘下になり、一気に苦情が減っております。

 

どちらの保証会社も、コンプライアンスが徹底されており、財務的にも優良と評価しております。

 

大家さん!

成功を祈ります。