賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【嫌がらせ】保証会社の取立て方法に異議あり!

今日は保証会社の取立て方法に疑問点を持ちましたので、ブログに書きます。保証会社は、数多くありますが、管理人の判断では、この会社は、まだ、まともな部類だと考えておりましたが、やはり、他の保証会社同様に、違法企業である事に間違いないようです。

ある学生の方からの相談を受けたのですが、ずいぶんと酷い内容でした。まあ、家賃滞納をした場合は、督促電話が来るのは仕方ないと思いますが、掛かってくる鬼電が、日に20回とか来るそうです。携帯電話の着信履歴には、もの凄い数の記録が残っています。おまけに「今月中に退去しろ!」と言うお決まりの脅し言葉を連発していたそうです。さらに許せないのは、学校まで電話をして来ていることなのです。


常識的に考えて「学校」まで電話しますかね?もうどう考えて異常です・・・と、言う事で、早速、保証会社に電話をして確認して見ました。

 

いろいろと話を聞いて見ますと、全保連が「学校に電話したのは事実」であると認めました。そこで、私から「なぜ学校に電話する必要があるのか?」確認したところ、「在籍確認の為」だそうです。


「在籍確認???」在籍確認したところで、学校側がそう簡単に「在籍してる」「在籍してない」とか、答えてくれますかね?

 

この個人情報の取り扱いが厳しい状況で、全保連と名乗る人物から電話があっても、一般の企業や学校では回答しません。つまり、保証会社言う企業名を出すことで、滞納者に対して圧力を掛けている訳です。

これってかなり悪質な手法ですよね。やはり保証会社と言うのは、どこまで行ってもヤクザと同じと感じた次第です。このまま引っ込んでいては、私としても納得できないので、下記の3点に付いて、取立人に電話をして厳重抗議をしておきました。

① 多重電話はするな。
② 明渡し交渉はするな。
③ 学校へは2度と電話するな。

交渉の結果は、全部承諾させましたが、担当者はずいぶんと不満そうでしたが、下記のように納得させました。

①多重電話はするな。
・借主は滞納しているが、支払いは拒否などしていない。最悪の場合でも、10日には支払う約束は出来るが、ただ、借主も日々の金策に走っているので、お金が用意出来しだい、直ちに入金する予定で動いているので、これ以上の督促電話をもらってもお話しする事は無いので、了承してもらいたい。

 

ただし、保証会社が、求償権を行使して督促を行う事は法律上も認められているのは理解しているが、借主も賃貸借契約に於いて、平穏かつ安全な生活を営み、生活の本拠地として使用する権利があるので、その権利を阻害する事は迷惑行為に該当するので行わない様にしてもらいたい。

②明け渡し交渉はするな。
・そもそも賃貸借契約は「大家と借主の契約」であるので、無関係の第三者である全保連が明渡しを請求する権利は無いので止めて欲しい。

 

このように要請したが、全保連側は「大家から明け渡し交渉の許可を得ている」と反論して来た。そこで私は、「大家から許可を得ていたとしても、借主には賃借権がある」ので、弁護士資格を所持しない、取立人が交渉をすることは、弁護士法72条で定める非弁行為に当たるので刑事罰なる可能性がある」と説明したところ、今後は明渡し交渉はしないと約束しました。

③学校へは2度と電話するな。
・これは素直に応じました。

しかし、全保連は、少しはまともな会社だと思っていましたが、非常にがっかりしましたね。担当者にも依るのかも知れませんが、どんな言い訳をしても、最後は会社が「使用者責任を負います」ので、逃げられませんよ。社長さん!



賃貸アパートや賃貸マンションに関するトラブル相談を行っていますので、ご気軽に相談ください。

個別相談窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

ほっと保証 全保連  日本セーフティー CASA 日本賃貸 カプコエージェンシー CAPCO AGENCY 取立て 家賃滞納 脅迫 居座り 強要 明渡し 無断侵入 室内侵入 安否確認 不当 ヤクザ 取り立て