賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

万引きがやめられない 有罪の元マラソン代表

f:id:torabur:20181204083117j:plain

 

万引きをする人は、病気なんですよね。

私も若いころに働いておりましたアパレル店でも、店員の目を盗んで万引きをして、私服警備員に逮まる方もおりましたね。

 

いつだったか、ランチから帰ってきた時に、店先で女性客と出会い頭に衝突した時がありました。そのお客さんは、転倒してしまったのです。

 

転倒したはずみで、荷物をぶちまけてしまい、なぜか、商品タグの付いた、財布が6点から7点ほど落ちていました。

 

その商品を見たときに、「この前の展示会で仕入れた新作の財布」であることは、直ぐにわかりました。

 

すなわち、この方は、財布を盗んでから、急いで店から逃げるときに、たまたま帰ってきた、わたしと正面衝突してしまったのです。

 

この方は、警備員に連れられて行きましたが、夕方頃になって盗られた商品は、全部戻ってきましたね。

 

後日談ですが、スーパーいなげやの店長が話していましたが、「女性は高額商品を盗む」そうです。例えば、高級かに缶詰とかイクラとかだそうです。

f:id:torabur:20181204085417j:plain

男性が万引きするのは、「サケの切り身」「おにぎり塩こんぶ」など、安い商品が多いそうです。

 

男性の場合は、生活に困窮してしまい食べる為にやる方がいるようです。

 

婦人靴のショップなどでは、女性客がはいてきた、古いヒールを棚に置いてから、売り物の靴と履き替えてから、平然と立ち去る方もいるようです。

f:id:torabur:20181204085441j:plain

ハンドバッグ専門店でも、「手ぶらの女性には気をつけろ!」だそうで、帰り間際に商品タグを切って、そのまま持ち逃げするのです。

 

よく考えれば分かりますが、女性で、かばんも持たずに、手ぶらで歩いている方はいません。

f:id:torabur:20181204085618j:plain