賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

外国人の方からの相談

外国人からの相談ですが、年に数件ほどあります。

やはり、なれない日本の慣習からも戸惑いもあるようです。

 

今日は、その中から、在日の方からの相談がありました。

その女性の方は、韓国人なのか朝鮮人なのかは分かりません。

 

相談内容は、保証会社と原状回復をめぐって、トラブルになっているとの事です。

保証会社も、勝手に立て替えている訳ですから、トラブルになるのは当然なのです。

 

相談内容としては、そんなに難しい問題ではありませんので、解決は難しくないのですが、日韓関係や日朝関係は、お世辞にも良好とは言えませんので、どうしても、そのような方向に話題が行ってしまうのです。

 

相談してきた、彼女ら(夫婦)は、両名とも在日だそうです。二人とも日本で生まれて育った、3世だそうです。

 

だから、ご夫婦のどちらも、朝鮮語は一切話せないそうです。日本語オンリーです。

 

奥さんの方は、北朝鮮の方みたいですが、いろいろと話を聞かせてくれました。

 

朝鮮学校時代は、朝鮮小学校・朝鮮中学校・朝鮮高校の出身者であり、女子でしたからチマチョゴリを着ていたそうです。

 

学校の授業では、「とにかく日本人は怖い人」「日本人は悪い人」という教育を受け続けていたそうで、いわゆる反日教育をインストールされて育ったそうです。

 

一般的には、朝鮮高校を卒業すると、大半の生徒は、朝鮮総連系の企業に就職して行くそうです。保証会社にも朝鮮総連系の企業があります。

 

また、2割程度は、朝鮮大学校に進学するとの事です。この朝鮮大学校は、日本では認められていない大学のようでして、「朝鮮大学校」と言う名の学校に過ぎないようです。

 

彼女は、朝鮮高校を卒業してから、普通の日本人が通う、一般大学に進学したそうで、珍しいケースのようです。

 

もちろん、大学でも、通名を名乗っていたので、誰も彼女が朝鮮人だとは思いも付かなかったそうです。

 

彼女が、日本の学校に通って、驚いたのは、「みんな優しい」という事だったそうで、「みんな親切」だし、朝鮮学校で教えられていた事とは、まったく違うという事だったそうです。

 

なにせ、今までは、「日本人は危険」「日本人は悪い人」と教えられて洗脳されたのですから、驚いたでしょうね。

 

大学の歴史授業でも、自分の認識と、まったく異なる授業内容だったので、戸惑うばかりで、驚きの日々だったそうです。

 

また、朝鮮学校では、語学教育と言うのが無いのからしく、日本語のように、敬語とか謙譲語、尊敬語、丁寧語などの教育を受けていないので、日本語しか話せない生徒でも、言葉遣いがデタラメであり、言葉遣いが滅茶苦茶だそうです。

 

特に男子はひどい。

 

そう考えると、保証会社には、朝鮮人経営の企業が多いですが、そこで働いている、取り立て屋って、言葉使いがデタラメですよね。

 

だから、彼らは、朝鮮学校を卒業してから、そのまま保証会社に就職しているのでは?とも考えてしまいます。

 

昔ですが、テレビで、北朝鮮の小学生向けの授業が放送されていた事がありました。

 

算数の問題なのですが、日本では、「リンゴが5個あって、2個食べたので、残りは何個でしょうか?」なのですが・・・

 

向こうでは、「悪い日本人が5人います。2人殺したので、悪い日本人は、何人残っているでしょう?」なのです。

 

こうした、教育を幼いころから、やっているのですから洗脳されてしまいますね。

 

とにかく、日韓関係や日朝関係は、政治を持ち込むと、とにかくダメですね。

非常に難しい問題です。

 

個別相談窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp