賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

Z保証会社と愉快な仲間たち

Z保証とは、実に不思議な保証会社である。

保証会社は、退去時には、賃借人の負担すべき原状回復費用を、賃貸人に対して立替え(代位弁済)をする。

 

もちろん、この立替え(代位弁済金)の算出に当たっては、国土交通省ガイドラインに準拠した金額である。

 

しかし、実務的には、賃借人と賃貸人が負担すべき割合をめぐって、トラブルとなる事がほとんどである。

f:id:torabur:20190206133624p:plain

そのような状況になった場合は、保証会社は「賃借人の同意」が無い限りは、代位弁済を行わないと、保証委託契約書に書かれている。

 

それにも拘らず、保証会社は「賃借人の同意」が無いにも関わらず、勝手に立て替えてしまいトラブルが拡大する。

 

例えばであるが、保証会社が原状回復費として、「30万円を代位弁済したので、直ちに全額を支払え」と請求してくることがある。

 

もちろん賃借人は、賃貸人との合意をしていないので、保証会社に弁済する義務はない。

 

しかし、保証会社の取り立ては、脅迫的であり「早く払え!」「こちらは立て替えたんだから関係ない!」の一点張りで、どうにもならない。

 

わたしが、保証会社に電話してみると、最初は「30万早く払え!」だけだったが、今度は、「いくらなら払えるのか?」と尋ねて来た。

 

わたしは、「10万なら納得なので払える」と伝えると、「20万でどうですか?」と減額に応じて来たのです。

 

しかし、これは実に摩訶不思議な事象である。

 

なぜなら、保証会社は、代位弁済した分を全額回収できてチャラである。

 

それにも拘らず、値引きをしたら、立て替えた30万円のうち、20万円しか回収できずに、10万円の損害が保証会社に発生してしまう。

こんな赤字で回収が終わるようでは、保証会社は倒産してしまうだろう。

 

こうした、「いくらなら払えるのか?」と、賃借人に尋ねて来るという事は、賃貸人に対して代位弁済したと言うのは、ウソなのである。

 

だから、保証会社が、賃貸人の代理として、修繕費の負担割合の交渉をして来るのである。

 

しかし、よく考えてみれば、保証会社は賃貸人では無いから、修繕費の交渉をする相手ではない。

 

また、賃貸人の代理として交渉するのは違法である。

 

こうした経緯から、保証会社にたいして、「なぜ、保証会社が原状回復の交渉をするのか?」「無関係の第三者なのだから引っ込んでろ!」と怒鳴りつけると、「いやいや・・我々にもお手伝いできる事があると思うので・・」と言い出す始末である。

 

しかし、この担当者は愉快と言うべきなのか、自分の仕事は、「代位弁済した立替金の回収」であることを忘れており、いつのまにか、立て替えていない修繕費の交渉役を行っている。

 

思うに、管理会社も保証会社に交渉をやらせており、それを受けざるを得ない、保証会社は弱い立場であると思うのです。

 

まとめると、このような場合は、賃貸人以外との交渉には応じない事です。

 

個別相談・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

全保連 取り立て 原状回復