賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本セーフティーの幹部ってどんな人?

日本セーフティーの、取り立て現場を仕切っている、役職者なんですが、どんな人物なのか考えてみました。

 

この会社の従業員は、かなりの荒くれ者が働いております。

この手の連中は、他人に管理されたり、命令されたりするのが大嫌いなタイプの人種が多いと考えています。

 

そうすると、こうした連中をまとめるのには、相当な胆力のある人物が、管理者として指揮していないと、従業員が勝手な動きをしてしまい、社内が崩壊してしまいます。

 

そんなことから、この会社の管理職は、いわゆる強面の人物だと思って間違いないでしょう。

 

男性社会は、女性社会と異なり、いわゆる「縦社会」ですから、上下関係が厳しいと考えられます。

 

雰囲気としては、暴力団組織なんかは、組長や若頭、舎弟頭などが幹部ですが、圧倒的な圧力があります。

彼らの動きを見ていると、非常に似ており、まず、間違ってはいないと思います。

 

また、日本セーフティーの場合は、取り立て部門(統括管理部)と事務職や、営業職などとは、採用している人種を分離しているという事です。

 

つまり、不動産屋や、役所などに対応している従業員は、取り立て部門の従業員と完全分離しているという事です。

 

下っ端の従業員が、滞納者に対しては、手荒い真似をしても、細かいことには、

拘らない。あくまで「目標達成」を目指すのです。

 

だから、役所などに対応する部署には、人当たりの良い人物を採用していると思われます。どこの役所だったか、「日本セーフティーは信用できる会社」なんて言ってる公務員もいました。

 

まとめると、ここの社長は、なかなかの戦略家だと判断して良いでしょう。

それと、取り巻きにも優秀な人物がいることは間違いありません。

 

それに比較すると、フォーシーズとか、全保連、日本賃貸、カプコなどは、上役の胆力が足りないので、ときどきトンデモ暴走する従業員がでるのです。

 

日本セーフティーの幹部は、ある意味では、素晴らしい幹部と言えるでしょう。

これだけの胆力があれば、一般企業でも管理職として、らつ腕を十分に振るえる能力の持ち主ですが、残念なことに、持って生まれた「性悪」が抜けないので、一般企業の枠には収まれないのです。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp