賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

アパート お客さんからの名義貸し

キャバ嬢からの相談です。

 

相談内容

キャバ嬢として働いていた時に、アパートを借りようと思ったのですが、審査が通過しませんでした。

常連のお客さん(東京太郎さん)に、相談したところ、名義を貸してくれるという事になり、その方法で申し込んだら、無事に入居することが出来ました。

 

そのアパートには、3年ほど住んでいたのですが、退去することになり、お客さん(東京太郎さん)に相談したところ、解約届を出して欲しいとの事だったので、自分で退去届けをだして引越しました。

 

それから、1年ほど経ってから、全保連保証から電話があり、「今でも解約していない事になっているから、滞納家賃を支払うようにとの電話が来ており困っています。

 

どうしたら、良いでしょうか?

 

回答

そもそも、賃貸借契約者は、お客さん(東京太郎さん)ですから、貴女が、そうした請求に対して支払う必要はありません。

 

全保連もとぼけた会社でした、支払い義務の存在しない、貴女に対して請求する行為は、弁済義務の存在しない第三者に対する請求ですから、違法行為です。

 

しかも、退去してから、1年以上も経過してから、請求して来るなんて酷い話ですが、きっと「うまく脅かして回収できれば儲けもの」程度で、騙していると考えられますから、無視する方が良いです。

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp