賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

明渡し訴訟 注目の裁判が行われます。

大阪地区の取材班からの報告です。

4月12日 大阪地方裁判所で、注目の裁判が行われます。

この裁判は、事故により就労不能となった男性が、その結果として賃料5か月分を滞納したことにより、提訴されたものです。

 

争点ですが、本件では、滞納するに至った経緯ですが、滞納者本人の過失によらないという点です。

 

この裁判には、もちろん保証会社が関わっており、なりすまし訴訟である可能性が極めて高いと判断しております。

 

なぜなら、大家さんからは、「できれば長く住んで欲しい」との証言が取れているのにも関わらず、無理をしてまで追い出す必要性はないからです。

 

・大家側の訴訟代理人

いつわ法律事務所 

李 載浩(イ―チェホ)弁護士

川口 俊之 弁護士

f:id:torabur:20190410080124j:plain

訴状によれば、保証会社の切り札である、「平成25年 大阪高裁判決」を引き出して来ており、賃貸借契約を解除できるとして論じております。

 

自信満々の、原告側(大家)の弁護士たちですが、このところ、なりすまし訴訟側の弁護士が、「平成25年 大阪高裁判決」を示しても、連続敗訴している事から、注目の裁判となっており、5月中にも判決が言い渡される予定です。

 

高等裁判所の判決を、下級審の地方裁判所が採用せずに、原告が敗訴しているという事は、極めて異例ということです。

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp