賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

全保連は迷惑企業 社長は猛省しろ!

全保連は、社会にとっても利用者にとっても、極めて迷惑な企業と感じるこの頃です。

 

全保連は、やたら訴訟を起こしておりますが、その訴訟内容は、なりすまし明渡訴訟が圧倒的に多いです。

 

裁判所にて傍聴しますと、全保連側の請求には無理がありすぎます。

それでは、どのような無理があるのか書いてみ見ます。

 

【ケース1】

家賃滞納したから代位弁済した。だから、滞納金を返済して、部屋を明け渡せ!

→その後・・・調べたら代位弁済をしてなかった事実が判明。代位弁済したとして裁判所に提出した証拠資料は捏造だったケース。

 

【ケース2】

家賃滞納したから代位弁済した。だから、滞納金を返済して、部屋を明け渡せ!

→その後・・・調べたら滞納はありませんでした。裁判官も呆れてました。

 

【ケース3】

家賃+水道代滞納したから代位弁済した。だから、滞納金を返済して、部屋を明け渡せ!

→その後・・・調べたら家賃滞納は無かった、そもそも賃借人は、大家から水道代の請求を受けていなかった。

 

【ケース4】

家賃+駐輪場滞納したから代位弁済した。だから、滞納金を返済して、部屋を明け渡せ!→その後・・・調べたら家賃滞納はなかった。

→その後・・・駐輪代600円が未納だから払え!に作戦変更。→その後・・・駐輪代は、家賃に含まれている事が判明。

 

【ケース5】

家賃滞納したから代位弁済した。だから、滞納金を返済して、部屋を明け渡せ!

→その後・・・調べたら滞納はありませんでした。→その後・・・そうだ、原状回復費を払え!→その後・・・裁判官→ところで訴状には原状回復費用の件はありませんが、どうなってるんですか?→その後・・・原状回復費用の請求が決まってないので追って連絡する。

 

裁判を傍聴していて思うのですが、全保連側の弁護士も、事実関係をまったく確認していないのです。どれもこれも、全保連の言いなりで仕事を引き受けており、内容も理解していないのです。

 

こうした、無駄な裁判を起こすことは、税金の無駄遣いなのです。なぜなら、裁判所の運営費は税金で賄われているのです。裁判官や書記官の給料も税金です。

 

こんな意味のない裁判に、賃借人も呼び出されて、えらい迷惑です。

こうした意味のない裁判を起こしている原告に対して、賠償請求を求める裁判が起こされた事もあるようですので、一考ですね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp