賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【保証会社】仲介業者の説明義務はあるのか?

アパート借りる時には、保証会社への加入が義務付けされている物件があります。

こうした保証会社への加入する必要性を、入居希望者に対して説明を省略しているケースが多く見られます。

 

また、説明をしたとしても、簡易説明にすぎず、仲介業者も保証会社のシステムや契約内容を理解していないケースがほとんどです。

 

こうして、入居希望者が正しい情報を得られない状況で、保証委託契約を結ばされてトラブルになっているケースが目立ちます。

 

トラブルになると、「説明した!」「説明してない!」の押し問答となってしまいます。

 

ところで、ここで言う説明とは、何を指すのでしょうか?

私の解釈では、説明とは「相手が正しく物事を理解できるようにすること」と考えております。

 

仲介業者は、こうした保証会社の取扱い代理店である訳ですから、入居希望者に対して、正しく説明する義務があると思います。

 

なかには、こうした説明を一切行わずに、他の書類におり混ぜて契約をさせている仲介業者も存在します。

 

また、仲介業者は、保証会社から販売手数料を受け取っているのですから、当然に説明義務があると思われます。

 

部屋を借りる時は、「保証会社とは何なのか?」「立て替えた場合は、いつ返済するのか?」など、不明な点がある場合は、どんどん質問した方が良いです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp