賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

レオパレス 期最終赤字690億円 社長が退任

施行不良問題で、トラブル続きのレオパレスですが、深山英世社長が退任する方向です。

 

私の見解では、この施工不良は、会社ぐるみであることは間違いないと考えています。レオパレスの支店長とも付き合いがありましたが、「とにかく緩くていい加減」であるということです。

 

利益至上主義を徹底しており、「儲かるなら何をしても構わない」と言う会社です。もちろん従業員は使い捨てですし、会社のイメージを良く見せるために、人気の芸能人をつかって、表面上は良く見せる手法なのです。

 

こうしたイメージ戦略で、客も地主もコロッと騙されるわけです。

テレビCMをやってる会社=優良企業は間違いです。

 

私も、レオパレスの作成した事業計画書を見たことがありますが、「計算上は、本当に儲かる美味しい話」なのです。

 

こんな計画書を見せられたら、欲の皮が突っ張った地主は、騙されてしまうでしょう。

 

さてさて・・・施工不良として取り上げられている問題ですが、まずは「界壁未施工問題」があります。この界壁というのは、隣室との境界壁の事ですが、屋根裏にも、これがないと火災のときは、一気に火の手が回って大惨事になります。

 

また、レオパレスは、騒音が筒抜けなのは、界壁がないので防音的にも不適格です。(建築基準法違反)

 

f:id:torabur:20190510073216j:plain

 

そして、また新たに明らかになった施工不良問題です。

アパートには、水道管や排水管・通信ケーブルをとおす配管がありますが、配管との隙間は、不燃材パテ等で穴埋めする必要があります。

 

しかし、レオパレスでは、経費削減で未処理です。

 

f:id:torabur:20190510073550j:plain

 

こうした穴埋めが未処理ですと、火災時には、火の回りが早いだけでなく、ネズミなどの害虫の侵入口となります。

f:id:torabur:20190510073740j:plain

 

そして、レオパレスが、組織的に手抜き工事をしていた結果として、1万4955棟が施工不良となっています。

 

レオパレスは、平均的な戸数として、16戸位はあるでしょうから、

1万4995棟×16戸として、その総数は、約24万戸にもなります。

f:id:torabur:20190510073912j:plain

深山英世社長

f:id:torabur:20190510074447j:plain

f:id:torabur:20190510074501j:plain

 

この事件は、単なる不祥事ではなく、もはや詐欺事件として社会問題となるでしょう。