賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

レスポンスの悪い弁護士

とある弁護士に苦情をいれました。

苦情と言いいましても、この弁護士は正義感の高い弁護士だったので、当相談室に寄せられた案件を、いろいろと紹介していた方です。

 

今回も、新しい案件の依頼をメールで行ったのですが、なぜか返信が来ません。それでも辛抱強く4日ほど待ちましたが、返信がないので直接に事務所へ電話して、事務員さんからも、先生に伝えて頂くようにお願いしました。

 

それでも返信が来ない・・・

 

こひらも、ちょっとムカついたので、苦情のメールをしたところ、ようやく返信が届いたのですが、その内容がひどいのです。

 

届いたメール

/////////////////////////////////////////////////

連絡遅くなりすみません。

受信拒否ではありませんが、他の仕事や出張などですべてのメールに迅速に対応することはできないことがあることはご承知ください。

また、それほど私を信頼していないのでしたら他の弁護士をあたっていただきますようお願いいたします。

けっしてメールの件を無視していたわけではありません(他の仕事に忙殺されていたのが正直なところです)が、そのような信頼のない方からの事件を受けることは双方にとって好ましいこととは思われませんので。

よろしくお願いいたします。

////////////////////////////////////////////////////////

 

このメールをみてムカついたのは、「メールは届いていたが、多忙で返信できなかった」という事ですが、すでに5日も経過しているにも関わらず、「メールの一本も返信する時間も取れないのか?」という事です。
 
弁護士は個人事業主ですから、どんな態度で仕事に臨もうが勝手ではあるが、受任拒否ならば、「ただいま、業務多忙のため引き受けることが出来ません」とか「私では引き受けられないが、他の先生をしましょうか?」などの断り方は、いくらでもあると思うのです。
 
それにも関わらず、5日間も放置しており、こちらから連絡をしなければ、いつまで待たされるかわかりません。 いくら弁護士でも、この対応は如何なものでしょうか?
 
こうして、メールを長期間に渡り、放置している方ってたまにいますよね。
メールレスポンスの悪い人は、忘れた頃にメールが戻ってくるひと。
 
私の個人的見解ですが、ビジネスでは、一般的にメールのレスポンスの早さは仕事のレベルに比例する、つまり「メールのレスポンスが早い人ほど仕事ができる」と考えております。
 
どんなに仕事が忙しくても、昼食時間などの休憩中に「本日は外出中なのでご返事は、夕方には差し上げます」とか「戻りしだいご連絡を差し上げます」などの短文でも返信しておけば、依頼者は安心するものなのです。
 
それにも関わらず、何日も返信がありませんと「もしかして不着?」なんて不安も頭をよぎるのです。
 

今回のように、依頼した相談者さんも、急いでいる事が多い分ですから、早急に返信をすべきだと思いますが、クレームに対して「信頼していないのでしたら他の弁護士をあたっていただきますようお願いいたします。」なんて、捨て言葉を吐いているようでは、ビジネスマンとして失格です。

 
弁護士は、個人事業主ですから民間会社と異なり、上司から叱責や指導を受けることが少ないのか、非常識な弁護士も数多く存在します。
 
これが一般企業ならば、上司から「お客さんから苦情のメールが来てるぞ」「なんで直ぐに返信しないんだ」と叱責されることでしょう。そして取引先から、「担当者を代えろ!」なんて苦情も来ます。
 
弁護士も競争過多で、仕事の奪い合いが起きている業界であり、食えない弁護士先生の貧困問題も社会問題化しておりますが、私が思うのには、貧困弁護士は、ビジネスセンスがゼロ!」だと考えております。
 

f:id:torabur:20190731094343j:plain

今は多忙であっても、1年先はどうなるか読めない世界なのです。それに弁護士は評判が大切なんですが、信用を失っては先はないですね。
 
自営業の方は、スタイルが自己流になりがちなんですよね。一般企業ならば、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう可能性が大です。
 
なにせ、レスポンスの悪い会社は、すぐに除外されてしまいますし、不安を抱かせるような対応は、相手に対して失礼でもあります。
 
これ以外にも、弁護士は有能無能をとわずに、まわりから「先生呼ばわり」されているので、なにか自分が偉くなった気分になるようで、勘違いも甚だしいです。

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな」という、ことわざがありますが、この意味を理解して欲しいですね。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp