賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

【温情判決】なりすまし訴訟

 

昨日の記事で、お知らせした、明渡訴訟の判決が出ました。

 

www.0120555.info

 

原告 株式会社前田(なりすましカプコエージェンシー保証) 

被告 一般女性

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

判決

被告は、原告に対して、物件を明け渡せ。

ただし、仮執行宣言を付すことは適当ではない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

当報道局からのコメント

この判決は、明け渡しを命じたものの、「仮執行宣言を認めない」として、原告の請求を棄却しているので、事実上は被告の勝訴です。

別の言い方をすれば、「試合に負けて勝負に勝った」わけです。

また、原告にすれば、絶対に納得できない敗訴ですね。

 

f:id:torabur:20190806144927j:plain

f:id:torabur:20190806144956j:plain

 

「仮執行宣言を認めない = 強制執行を認めない」ですから、とりあえず強制退去をさせることは不可能となりました。

 

当報道局としては、この物件は貧困ビジネス物件であり、1年間の賃貸借契約に於いて、「更新料10万 + 保証更新料10万=毎年20万円」を要する物件ですから、

早々に退去した方が良いと考えております。

 

判決文を読んだところ、過去の「大阪高裁平成25年11月22日賃貸借契約解除判決」採用しておらず、支払日が毎月のように遅延しており、賃借人も経済的に

大変だろうし、現実に滞納金があると認められる。だから、裁判官は、「強制執行は認めないから、自主的に早々に退去して、生活を立て直しないさい」との温情判決と考えて良いでしょう。

 

京都高裁の時は、「子供連れだろうが、ホームレスなったとしても、しょうがない」として、仮執行宣言を認めましたが、裁判官により差があるようです。

 

きっと、今回のように若い女性が、追い出されてホームレスになった場合は、変質者に狙われて、性的な犯罪被害にあった場合は、気の毒なので仮執行宣言を認めなかったのでしょう。

 

原告にしてみれば、裁判所が、「仮執行宣言を認めない」のは不服でしょうから、控訴するしかないですが、裁判をしても90日は掛かりますので、不満でしょうね。

 

まとめると、とりあえずは、100点中90点の判決だと考える次第です。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp