賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

トイレに閉じ込められドアを破壊 → 修繕費?

 

f:id:torabur:20190822091052j:plain

トイレのドアノブが故障により、閉じ込められる事例はめずらしくありません。

こうした場合は、どうしたら良いのでしょうか?

室内に家族がいる場合は、大声を出せばなんとか行けそうですが、単身住まいの場合は、そうもいきません。

 

この猛暑のなかで、閉じ込められた場合は、めまいはするわで倒れそうになるでしょう。なので、その場合には、どうどうとドアを破壊して下さい。

 

玄関ドアは、外部からの侵入に備えて、金属製などの丈夫な素材で出来ていますが、トイレドアは玄関ドアと異なり、閉じ込めリスクに備えて、容易に破壊できるような造作になっております。

 

後に、こうした破壊により生じた修繕費は、だれが負担するのでしょうか?

大家さんの主張とすれば、「ドアを壊したのは入居者なんだから、自分で直せ!」

でしょうが、そう簡単に諦める必要はありません。

 

火災保険での補填はどうでしょうか?

 

もしですが、私が入居者ならば、次のように主張しますね。

賃貸人には建物設備を正常な状態で使用収益できるように維持管理義務が存在すると考えますので、大家さんが負担すべきです。

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp