賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本セーフティー 中川社員 恫喝容疑で訴えられる。

日本セーフティーの取り立てと言えば、過酷なことで有名でして、まるでヤミ金と同じです。特にですが、東京支店の統括管理部に所属する、中川社員は代表格です。

 

当相談室にも、この中川から、脅迫取り立てを受けているとする相談件数は多かったです。私からも電話をして見たことがありますが、あの脅かし方は、ずいぶんと手馴れた感じを受けましたね。

 

www.0120555.info

 

 

f:id:torabur:20191014180142j:plain

中川社員から届いた答弁書

f:id:torabur:20191014182931p:plain



 

f:id:torabur:20191014181226j:plain

中川社員の答弁書によると、おもな主張は下記のとおりです。

 

1、私は、本件取立てをおこなっていない。

2、私は、原告と話をしたことは一度もない。

3、平成30年5月29日、19時30分に訪問したときに、名刺の裏に「至急連絡ください」と記載して、ドアに挟んだだけである。

 

これらを、まとめると全面否認という事になりますが、被害者が一度も会ったことがない人物を訴えるでしょうか?

 

この事件ですが、この中川社員は、日本セーフティーの従業員ですから、会社側は使用者責任を負います。

 

しかし、この答弁書を見る限りでは、中川社員は、弁護士をつけていません。

付けていない理由は不明ですが、もしかしたら、会社側は「自分のケツは自分で拭け」という事だと思われます。

 

ずいぶん前ですが、取り立て屋を諭したことがありますが、「会社は、貴方を守ってくれない」「しょせんは使い捨てである」と教示した事がありました。

 

まあ、会社にして見れば、どこの馬の骨ともわからない、流れ者を雇っているのですから、最初から信用なんかしていないのです。

 

まあ、自業自得ですし、「天につばを吐けば、自分に返ってくる」という事です。

続報が入りしだい記事にします。

 

 個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp