賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

裁判傍聴記録  明渡訴訟 リアル

東京地方裁判所で行われている、明渡し訴訟を見て来ました。

 

・原告 大家さん(なりすまし日本セーフティー

・被告 賃借人

 

この事件は、賃借人が家賃滞納4ケ月となり明渡し訴訟を起こされたものです。

滞納と言いましても、実際は保証会社が大家さんへ代位弁済をしていることから、

大家さんに対する滞納はないのです。

 

しかし、大家さんは「保証会社から代位弁済は受けていない。」とのこと。

 

大家さん(なりすまし日本セーフティー)は、滞納4ケ月を強調しておりましたが、実際には、被告は、保証会社からも執拗な取り立てを受けております。

 

取り立てを受けているという事は、日本セーフティーが代位弁済をしたことになるので、やはり大家さんに対しては、滞納は存在しないということです。

 

ここで、裁判所から原告にたいして、質問がとびます。

 

裁判所「原告は、保証会社から代位弁済を受けたり、やめたりしている理由は何でしょうかすか?」

 

原告代理人「それは、保証会社が代位弁済を中止して、大家さんに実害がでるようにしてから、裁判を起こしているからです。」

 

裁判所「でも、貴方は代位弁済を受け取ったり辞退したりしてるのは変ですよね?」

 

原告代理人「無言・・・」「でも、過去の大阪高裁平成25年11月22日判決によれば、保証会社が代位弁済をしてたとしても、滞納事実は変わらないとして、明け渡しを命じている判決があります。」

 

裁判所「その貴方が示す、大阪高裁平成25年11月22日判決と、本件では内容が異なる可能性もありますよね。」その大阪高裁の判決文はわからないので、次回期日までに、証拠を示して下さい。」「あとですね、債務額がいくらあるのかハッキリするように。」

 

閉廷

取材記者の眼

なんかですね。

裁判所も、本件事件に保証会社が「なりすまし訴訟」を起こしているというか、

裁判進行に於いて、なんか違和感を感じているようです。だから途中からですが、

裁判所が滞納者の味方をしているように見えましたね。

 

つまりは、裁判を長引かせて、時間的猶予を与えることにより、簡単に追い出せないように画策している気がしました。

 

過去にも、似た事件がありましたね。

 

www.0120555.info

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疑問点としては、