賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本賃貸住宅保証機構の取り立て → 道義的責任があるだろう!

正式には「日本賃貸住宅保証機構株式会社」と称する保証会社がある。

なんか名称だけを聞いていると、いかにも公的機構の感じがしますが、単なる民間の保証会社です。

 

この保証会社に関する相談がありますが、わたしが代わりに電話で確認したところ、この保証会社は、支払い義務のない無関係の第三者(親類)などにも、業務上知りえた賃料滞納の事実を、第三者へ漏洩しております。これは個人情報保護法違反ですね。

 

また、支払い義務のない無関係の第三者(親類)などにも、滞納賃料の支払いを求める違法行為が確認出来ました。

 

そこで、なぜ・・無関係の第三者に弁済義務があるのか尋ねたところ、「親族ならば道義的な責任」があると言うのです。

 

私としては、「道義的な責任はないと思う。」と返しますと、「責任がある」と押し問答が続きました。

 

また、「道義的な責任」と「教育する責任」があるとか、おかしな理屈をつけて来たのです。

 

こうした債権回収は、もちろん違法ですが、むかしのサラ金業者が良く使う手口ですが、令和になっても、こんな手口を使うという事は、ここの従業員が、元サラ金あがりの転職者であると言うのを証明しているようなものです。

 

まあ、ここの保証会社は、日本セーフティーのように、大声で怒鳴ったり脅迫したりすることは確認されていないようですが、いろいろと問題のある業者です。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp