賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

騒音問題 アパートで殺人事件

アパートでの苦情といえば、ナンバーワンは「騒音問題」です。

 

f:id:torabur:20200114195033j:plain

今回の事件のように、築40年は経過しているアパートは、賃料も安いですが、住んでいる住人の属性があまり良くありません。

 

当相談所にも、騒音問題に関する問い合わせがありますが、ちょっとした生活音でも、トラブルになりますが、一般的なアパートは、木造・軽量鉄骨・ツーバイフォーなどが多いですが、建物の構造上の関係で、歩く音や話し声などが筒抜けの場合があります。

 

もう、水洗トイレの排水をしただけで、「ゴー」という音が聞こえますし、お風呂に入っているのも分かります。

 

こうしたアパートでは、あいさつなどの住人関係が良好な場合は、比較的大丈夫ですが、神経質な方や、難しい方がいると最悪です。

 

なにせ、自分の出す騒音は気にしないのですが、他人の騒音には厳しい方もおります。こうした老朽化したアパートには、若い女性が住むことは想定しづらいですが、防犯的にも問題が多いです。

 

とにかく現代では、生きづらい世の中なので、みんなイライラしている方が本当に多いです。すなわち、昔からあった「寛容性」が失われているので、こうした事件が起きるのです。

 

除夜の鐘もうるさい。風鈴の音がうるさい。花火がうるさい。などなど・・風物詩のような事でも、ほとんどクレーマ的な苦情もあります。

 

こんな状況ですので、管理会社に苦情を伝えても、「ああ・・そうですか」で終わりです。

 

少なくても、隣人同士でも、ちゃんと挨拶が出来ていれば、大事にはならなかったでしょうね。今の時代は疎遠なのか、隣人とあっても挨拶もできない方が多すぎです。

 

私などは、同じフロアの住人とあった場合は、「必ずこんにちは」「今日は寒いですね」など一言声をかけます。

 

声をかけても、返事のない住人には、「おじさん!おはようと声を掛けられたら、おはようと返すんだよ」と一言いってやります。

 

こうして、何度か繰り返していれば、必ず挨拶が来るようになります。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp