賃貸トラブル相談室報道局(新館)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

新型コロナの影響で保証会社が債務不履行の可能性

新型コロナの影響で、一般労働者も仕事を解雇されたりして、家賃滞納をしてしまう方が増えて来ました。

 

特に非正規雇用の方は、公務員などと異なり勤務時間が削減されたり、解雇されてしまい賃金が保証されないケースはテレビでも放送されています。

 

つまりは、月収20万円だったのが、10万円になったり無給になってしまうので、もう家賃どころではないのです。次の仕事を探すにしても、求人自体が無いのですから厳しい状況です。

 

保証会社の方も、大家さんに対して代位弁済をする義務がありますが、経営状況の悪い保証会社は、弁済不可能となり遅延する可能性が高いです。過去にも多くの保証会社が倒産しておりますが、最後はどこの会社も「〇〇日に支払う」と約束しながら、夜逃げをした事例がほとんどです。

 

なので、資金力の乏しい会社が、保証会社なんて起業したらダメなんですよね。

きっと、泣く大家さんも増えそうですが、賃借人への取り立てもより一層に過激になりそうです。

 

通常であれば、こうした保証会社(金融業)の場合は、こうした緊急事態などの場合は、消費者に対して猶予措置などを用意しているのですが、賃貸保証会社には余裕はないでしょう。とりあえずは、人件費の節約のために社員の解雇でしょうな。

 

ここで、大手サラ金の対応です。

 

アコム株式会社

今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受けたお客さまへ、心よりお見舞い申し上げます。また、お仕事など、日常の生活に少なからず影響を受けているお客さまもいらっしゃるかと存じます。当社では、ご利用、ご返済等に関するご相談を承っております。
お困りの点がございましたら以下のフリーコールまでお問い合わせください。

当社では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けたお客さまからのご相談を承っております。
お困りの点がありましたら下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。

 

アイフル株式会社

会員のみなさまは会員ページ(リンク)から、ご返済期日、返済金額の確認、増額のお申込み、振込融資等の対応が可能です。なお、よくあるご質問も当社ホームページ(リンク)へ掲載していますので、あわせてご確認いただければと存じます。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。当社では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けたお客さまからのご相談を承っております。お困りの点がありましたら下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。

レイク(新生フィナンシャル株式会社 )

新型コロナウイルス感染症に関するご相談と当社の対応について
このたびの新型コロナウイルス感染症の発生により影響を受けた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルスに関するご相談
新生フィナンシャル(レイクALSA)では、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けたお客さまのお取引に関するご相談を承っております。

お困りの点やご不明な点がございましたら、ご遠慮なく下記お客さま専用フリーダイヤルまでお問合せください。

 

などなど・・高金利サラ金でも、相談は可能なようです。この辺が保証会社との違いですね。

 

保証会社の場合はどうでしょう?

賃貸トラブル相談室報道局 御中

夜分遅くに申し訳ありません。
また、突然のご連絡、失礼致します。
私、後藤と申します。

4月14日にあった出来事で、相談させて頂きたく、メール致しました。

トラブルの相手 
ほっと保証(担当 下家)

トラブルの内容
4月分の家賃を少し待って欲しいと3月下旬に管理会社(株式会社エムズ管理部)に相談して、了承してもらいました。
今回滞納に至った理由としては、コロナの影響により、取引先からの入金が遅れてるためです。
4月2日に管理会社から、保証会社を使われてるので、保証会社に請求したので、支払いは保証会社とやり取りしてください。と連絡がきました。
保証会社とのやり取りをするのが嫌だったので、管理会社にお願いをしたのですが、全く聞き入れてもらえず、後のことは保証会社と直接やり取りして下さい。としか言われませんでした。

その後、ほっと保証から連絡がきまして、10日まで待って欲しいと伝えましたが、翌日までに払わないと出ていけと、話しが平行線で全く交渉の余地がない状態でしたので、話の途中で切電しました。

その後、下家が家に来たり、しつこい電話が鳴り止まずにいたので、消費者センターと警察の相談センターに連絡をしました。

警察の相談センターからは、家に押し掛けてきて、執拗以上に取立てられたり、退去するように伝えても、そのまま居座られた場合には、110番で警察を呼んでくださいと助言を頂きました。

私自身が、4月10日くらいから体調を崩して、家賃の支払いなど全くできない状態になりました。
札幌の保健所にも電話にて連絡し、コロナなのか、今後の行動は、どのようにしたら良いかの助言を頂き、そのように対応しておりました。

4月14日の20時30分頃に、警察が安否確認で家に入ってきて、事情を説明したのにも関わらず、警察が傷病判断として、救急車まで呼ばれてしまいました。
救急隊には、事情を説明してお帰り頂いたのですが、警察と下家はドアを開けたまま、居座り続けました。
そして、警察がコロナの陽性か陰性の結果が、判明したら警察に連絡ください。と言い、警察も帰りましたが、下家は話しをしましょうよ。とそのままドアを開けた状態で居座りました。

体調も悪く、ドアを開けたままでしたので、寒いので閉めてください。明日、連絡しますと伝えても、話しましょうよ!の一点張りで話しが進まないので、今週末までにはお支払いします。と伝えても、信用ならないのでと言われ、払えないのなら出て行ってください。としか言われませんでした。
ドアを閉めようとしましたが、力づくで抑えられており、拉致があかなく、私から警察に連絡しました。

この時は、既に21時を回っており、法律上21時以降の取立ては禁止されいてるはずです。と伝えても20時半からいるから、問題ありませんと意味不明なことばかり言っていました。
懐中電灯を顔にずっと向けられており、下家の顔も見えない状態で、それから30分くらいやり取りして、警察が到着した後も、全く引かなく、警察も民事不介入なのでと、何もせずにただ立っている状態でした。
違反行為なのは、明らかなのに警察は対処せず、下家も帰らず、部屋とカラダだけがただ冷えていくばかりでした。
コロナへの対応政策とした、貸付の申込みもしているので、それが入り次第、支払うと伝えても、信用ならないと、日本語が通じていないのでは?と思うやり取りでしたので、申込書を見せて説明をしたのにも関わらず、いつ入金になるのか?とか、何回も何回も聞いてくる始末でした。
国の判断なのでわかりませんとしか、答えようがありませんでした。

4月15日の12時に電話するから、帰ってくれと言って、ようやく話しが終わろうとしても、それから10分くらい、ホントに連絡するのか?12時に必ずかけろよ!とか、わかったと伝えても、ずっと繰り返され結局21時半過ぎまで話しをしていました。

警察の対応には、疑問しかありません。また、ほっと保証の下家も、異常過ぎると思っています。
4月上旬に、警察に相談しているのにも関わらず、トラブル相手からの安否確認でも出動して対応する警察の対応は、何ら問題がないのでしょうか?
それに、トラブルにあっている、当事者同士を残して帰る警察の精神とコロナの可能性があると言ってるのに、民事不介入なのでと知らんぷりして帰る対応は違和感しか感じませんでした。
これで、殺人事件などに、進展していたらと思うと、恐怖でしかありません。

また、ほっと保証の下家の対応はあり得ないと思っています。
保証会社に対する法律がないのも、調べて理解していますが、このような会社が存続しているのはいかがなものかと思います。

行政指導や処分ができないですが、潰れることはないのでしょうか?方法や対策があれば、率先して動きたいと思うのですが良いアドバイスなど頂けたら幸いです。

大変お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp