賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本セーフティーの人が 来る時は いきなりドアを 開けようとします。

ピンポンも鳴らさずに、いきなりドアを開けて室内に入り込もうとするのは、「日本セフティー 統括管理部 アワズ コウタ」である。

 

この保証会社の取り立ての態様は、ほとんどヤクザであるのは有名であるが、この人物からの取立て被害の相談は多いです。

 

f:id:torabur:20200514212140j:plain

統括管理部なんて、もつともらしい「部所」を名乗っているが、簡単に言えば、「過酷債権回収の実行部隊」である。

 

すなわち、日本セフティーの中でも、ほかに使いどころの無い、ろくでもない社員が集積している場所である。もちろん、この人物もペーペーの平社員であり、なんの権限も持っていない。

 

なので、分割払いに応じるとか・・〇日まで待ちますとか・・・自分の口で、判断する権限を持たないのである。上司から「全額回収しろ」「早く退去させろ」と指示を受ければ、それを忠実にこなす飼い犬のようなものである。

 

わたしも、この人物と話したことがあるが、最初は丁寧な言葉を使っているが、言葉の節々に「崩れた感じ」が見え隠れする。

人間とは、いくら繕っても、育ちは隠せないと言うが、本当にその通りだと思うのです。

 

こちらも、わざと面倒な客を演じると、だんだんとイライラして来たのか「巻き舌」になって来た。どうやら、弱い相手には、一気にまくしたてるのが得意なようで、いい歳をこいたおじさんがみつともない。

 

こうした人種は、もう他に行くところがないようで、「この会社で頑張るしか生活ができない」のだと思う。その割には、保証会社の取り立て屋は低賃金であるの一般的であり、経営者にいいように使われているのがよく見える。

 

こうなったら、残りの人生はどうなるか明らかである。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp