賃貸トラブル相談室報道局(借主専用)

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

社会保険労務士さんからの相談

どんな相談かと言いますと、原状回復に関する相談です。

事務所として使用している場合は、原状回復について、居住用の賃貸住宅と異なり、いわゆるオフィスビルなどの場合は、細かい約定が結ばれています。

例えばですが、「画鋲も禁止」

デスクや椅子、ソファなど会社備品の撤去

カーペットの張り替え・再塗装

壁紙・クロスの張り替え(一部もしくは全部)

天井ボードの張り替え・補修・再塗装

増設した間仕切り・パーテーションの撤去

電気・電話回線の回復や撤去

床下配線の撤去

看板・ネオンなどの撤去

その他、造作物の撤去

床・窓・天井の汚れのクリーニング

 

などなど多くの条件があります。

また、事業用の賃貸借契約になりますので、「消費者契約法」も適用されません。もともと消費者契約法は、立場の弱い一般個人消費者を保護する法律ですが、事業者同士の場合は適用されません。

 

他にも、多様な士業の方からも相談を受けることがあります。

行政書士・税理士・司法書士・弁護士さんたちから相談や問い合わせが来る時があります。弁護士さんからの問い合わせの内容としては、「保証会社について教えて欲しい。」と言うものです。

 

これは、保証会社が絡んだ相談を、弁護士さんが引き受けたのですが、自身が保証会社についての知識がないので、当相談所に連絡をした来たものと思われます。

 

わたしも、多様な裁判を傍聴しておりますが、弁護士さんが保証会社や賃貸業界についての知識が不足している先生方も多いと感じておりました。

 

やはり、一生勉強が必要ですね。

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp