賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

読者からのコメントにお答えします。

ブログの読者さんから、いろんなコメントが寄せられますが、はてなブログの場合は、システムにより返信できない仕様となっておりますので、こちらで回答させて頂きます。

 

はじめまして。

不動産業界においては、様々なトラブルがあるようですが、いつも勉強させていただいております。当方、業界未経験で求職中です。恥ずかしながら無知なもので、門戸が広いことを理由に保証会社も検討しておりましたが、本ブログのおかげで裁判沙汰になるような企業への就職を回避することができました。ありがとうございます。

ただ、逆にこれから不動産業界で仕事をしたいという場合には、どのように会社を検討すればよろしいでしょうか。

トラブルを未然に防ぐという意味では、本ブログの趣旨とも外れてはいないかと存じますので、お忙しいところ恐縮ですが、どこかで記事にしていただけますと幸いです。勝手なお願いをしてしまいましたが、今後も楽しみにしております

 

内容からしますと、この方は保証会社への就職を検討していたようですが、当ブログを読まれて止められたようですが、保証会社とは、どのような属性なのか、今さら論ずる必要はありませんが、やめて正解です。

 

なお、不動産業界への転職を希望されているようですが、この業界は、おもに「売買・賃貸」の2種類に分かれております。

不動産業界で働くのには、宅地建物取引士の資格は必須ですが、入社後に取得すればよい会社もあります。

 

売買系

名前のとおり、不動産の売買を専門に取り扱う業者の事です。

それ以外にも、土地を売ってくれる地主を探す仕事もあります。

そして土地を仕入れて、その土地を宅地化して住宅地として売るのです。売買の場合は、一件当たりの単価が、数千万円~億となることも珍しくないので、一定の知識が必要となります。そうしないとお客さんとのトラブルになり訴訟に発展することがあります。

 

雇用形態

雇用形態は正社員での募集であっても、業界の慣習として、「完全歩合制」「歩合+基本給」「基本給制」の3種類ですが、基本給制の場合はノルマは少ないですが、給料は激安です。歩合制なのに正社員で募集している変な会社も多いです。そのカラクリは、3カ月間は正社員で基本給ですが、それ以降は歩合制になるという事ですので、営業成績の上がらない社員は自動的に退職します。

 

仕事内容

売買営業の場合は、ほぼ単独で社有車等で移動しますので、朝から夕方まで自由にできます。だれにも見張られていたりチェックを受けないので自由奔放です。そういう私も、車内で一日中寝たりしていて、気が付いたら夕方だった経験がありますが、実績だけあれば、誰にも文句を言われることはなく、勤務中でも床屋やスーツを買いに出かけたりしていました。なかには午前中は喫茶店などは当たり前の世界です。

 

給与・休日

先ほども話しましたが、ほとんど歩合制なので、人によって格差が凄いです。なので年収200万円~1億なんて人も存在しますが、何年か実績があり継続勤務している人ですと、年収600万~1500万円程度と思います。休日ですが土日は出勤の会社もありますが、大手の財閥系ですとお休みです。

 

注意点

売買の場合は、正社員と言うよりも、「歩合制」もしくは「業務委託扱い」の会社がほとんどです。ただし財閥系(三井不動産住友不動産三菱地所東急不動産)などは、完全な正社員であり、ボーナスも支給されますが、こうした親会社には就職は困難であり、中途採用方は、子会社である住友不動産販売とかになります。働いている方も、もともと他人に拘束されるのが嫌いとか、指示待ち人間ではなく、自分で動ける・自分で仕事を作れるタイプの人がほとんどです。

 

賃貸系

賃貸は、アパートや賃貸マンションの入居者を客付けする業者です。いわゆる駅前にある、「アパマン・エイブル・ミニミニ」なので、ご存じの方も多いでしょう。賃貸の場合は、売買と異なり、一件当たりの金額が少ないのと、入居期間も短めであり、申込者の年齢も若い人が多いので、細かいトラブルはあっても訴訟になることは稀です。このために、賃貸で働いているのは、難しい業務知識も必要ないので、店頭では若い店員さんが多いのが特徴です。

 

雇用形態

雇用形態は正社員です。売買のように業務委託はありません。多いのは「歩合+基本給」ですが、ノルマは多いです。給料は安く歩合がないと生活できません。なので、営業成績の上がらない社員は自動的に退職します。

 

仕事内容

賃貸営業の場合は、ほぼ社内でカウンター営業にあたりますが、それ以外にもチラシを作成したり、申込希望者を物件に案内したり、大家さんとの交渉などをしますが、雑用は多いです。また、営業ノルマはかなり厳しくて、月間で20件とかの成約を要求されますので、未達だと解雇される可能性があります。なので従業員もいつも、ピリピリしております。なので「お客さんに急いで物件を決めるように仕向けたり、内金を入れるように勧める」のは、こうした背景があるのです。あと、読者の皆さんは知らないと思いますが、閉店後の店内では、店長さんからの怒鳴り声や、罵声が飛んでいるのは良くある事です。まあ完全なパワハラですが、社内では、叱咤激励(大声でしかるように励まし、気持ちを奮い立てること)と解されます。

 

いつでしたか、夜の9時頃にアパマンへ行きましたら、入り口の照明は消してありましたが、自動ドアが半開きになっており、中を覗いたところ、なにやら大声で怒鳴っている場面に出くわした事があります。まあ、店長さんも、社長から同じように怒られているので、同じことを部下に言っているだけだと思います。

 

給与・休日

「基本給+歩合制」ですが、年収300万円~500万円という方が多いと思います。なお、最近は年中無休のお店もあるようですが、お休みは平日になります。土日祝日は休めません。勤務時間ですが、9時から21時とかの12時間拘束とかあります。正社員ですが、採用基準は低いですが、売上実績がわるいと簡単に解雇されてしまいます。正社員であろうが平気で解雇されますが、この業界は、コンプライアンス意識が低いので、経営者も商店の親父と同じレベルです。

 

注意点

賃貸の場合は、手堅い給料ですが、街場にある不動産屋は給料が安いです。従業員も5名しかいないのに、「社長 → 専務 → 部長  → 店長 → マネージャ  →主任  」とあり、平社員がいない店舗もあります。

賃貸仲介業は、お給料が安いですが、あたま一つ抜けているのは、大東建託の子会社である、大東リーシングです。ここは、店舗名は「いい部屋ネット」を展開している業者です。

f:id:torabur:20200825075221j:plain

この業者の場合は、完全な正社員であり、ボーナスも支給されますが私が知る範囲では、一般職でも年収600万程度だと思いますし、店長などの管理職ですと800万~だと思いますので、街場の不動産屋と比較すると破格です。

 

それと比較されるレオパレスは、賃貸営業でも低賃金ですし、会社の業績も下り坂なので厳しいと思われます。

 

その他

賃貸業界でも、店舗仲介専門・オフィス仲介専門の業者もありますが、専門性を磨ける可能性がありますので面白そうです。

 

このわたしも詳しい訳ではありませんが、不動産業界を目指す方の参考にして下さえれば幸いです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp