賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

消えゆくレオパレス

債務超過になり、倒産も囁かれるレオパレスですが、すでにソフトバンク系にのファンド会社から、支援を受けており事実上の支配下にあります。

 

そこで、今後ですがレオパレスがどうなるか予測して見ました。レオパレスという名称は、一定のブランドとして考えられるので、残る可能性もありますが、あの同じ間取りのワンルームはどうなるのでしょう。

 

まず、ハゲタカファンドに狙われた訳ですから、サブリース(一括借り上げ)をしている物件を選別して、黒字物件と赤字物件を選別することでしょう。

 

入居率の高い黒字物件は、継続してサブリースをおこない、入居率が悪くて企業の利益に貢献しない物件は、サブリース打切りになり、オーナーは困るでしょう。

 

投資ファンドは、そのオーナーから物件を激安で買い叩いて、低所得者向けのアパートして貸し出すことでしょう。

 

実際にも、このファンドの子会社(ビレッジハウス・マネジメント株式会社)は、低所得者向けの賃貸住宅(旧雇用促進住宅)を運営しております。

 

その物件は、「礼金・敷金・更新料・保証人・保証会社・仲介手数料」すべてなし!

 

おまけに物件により、3カ月のフリーレント付きもあります。

つまりは、初月の賃料だけあれば入居できるのです。

 

www.villagehouse.jp

 

ホームページを見ますと、築40年とかの古い物件が多くありますが、費用を抑えたい方には良いと思います。

 

レオパレスも同じようになると思いますが、ワンルームであることを考えますと、生活保護や高齢者の単身すまい物件として行くことでしょう。

 

f:id:torabur:20201020090105j:plain

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp