賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

日本セーフティーは架空請求業者 大トラブル

保証会社って、債権回収にあたっては自主ルールなど設けているが、何の役にも立っていない。

 

こんな相談が寄せられたので紹介します。

こんにちは。
初めまして。
私は東京にに住む●●と申します。
退去した際の原状回復費のことでご相談です。

・契約時に20万円の敷金を預けている。
・退去時は管理会社が立ち合い、修繕費は、20万円の範囲内で収めて欲しい旨を伝えると「なんとか収まるようにしてみる」と返答。(録音もしてあります)
・退去時に書類には捺印、サインはしていません。
・後日、見積もりを見たら、修繕費として40万円掛かるので、敷金では20万円不足しているとの請求が来ました。
・具体的な説明もないまま、時間だけが過ぎたある日、保証会社(日本セーフティー)から連絡が来ました。
・20万円を払えと言うので、退去書類を見せて欲しいと伝えるも、「そんなの知らない」と一切応じません。
・やりとりをメールでしたいと言っても、社内規定でメールは禁止されているとの回答。

このような状況ですが、アドバイス頂けたら本当に助かります。
お忙しい中大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。

 

こうしたトラブルは、良くある話しですが、退去立会い書に「修繕費を支払う旨の賃借人の署名がない」場合は、負担すべき修繕費に納得していないので、通常であれば保証会社は、大家から催促されても立替払い(代位弁済)は違法となるのでしません。

 

それにも関わらず、日本セーフティーから、脅迫じみた取り立てが来るのは何故でしょうか?

 

これは、大家から、日本セーフティーに対して「とりあえず代位弁済しろ!」「しないなら今後は日本セーフティーは利用しない」と脅かされているのでしょう。

 

日本セーフティーも、今後の契約もありますし、他の部屋も契約打ち切りになれば困るので、大家からの要求は断り切れないのでしょう。

 

そこで、日本セーフティーは、賃借人に対して「代位弁済したのに弁済されていない。さっさと払わないと訴えるぞ!」との電話脅迫と、督促状を送りつけて来るのです。

 

督促状には、「代位弁済をしたのに、弁済されない」と書かれておりますが、担当者の氏名も書かれていない。なぜ、書かれていないのかと言うと、大ごとになると「作成者が追求されるので、それを回避するために、故意に書いていない」のです。

 

また、その督促状ですが、本当に訴えるのであれば「内容証明」で送って来ますが、そこまでやる気はない(裁判でも負ける)ので、普通郵便で送って来ます。

 

日本セーフティーは、知恵者なのでこの辺はしっかり理解している様子です。それに対してCASAや全保連は、学習能力のない、知恵遅れ集団なので本当に訴訟して来ます。

 

なので、こんな脅迫には屈してはいけません。

こんな取り立てをやっているのは、架空請求業者と同等ですね。

 

保証会社と言うのは、「代位弁済した。」「立て替えた!」と言いながら、実際には、まだやっていないケースが多いです。

 

この矛盾点を追及したところ、担当者は「あれば事前求償権なので」と言葉を変えて来ました。つまりはまだ立て替えていなかった事を認めました。

 

なので、担当者を叱り飛ばしました。パワハラ全開で怒鳴りつけました。

「なにが事前求償権だ!」「事前求償権の意味を理解してるのか!」「てめーも味噌汁で顔を洗ってこい!」

そんな言い訳は、当相談室には通用しないのです。

それ以降は、督促は一切ありません。

 

読者のなかには「パワハラは良くない」とか言い出す方もいそうですが、反社会勢力には人権はありませんので、何の問題もありません。

保証会社を怒鳴りつけるのは、ストレス解消にもってこいです。

 

個別相談窓口・情報提供窓口
下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。
abc0120555@yahoo.co.jp