賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

保証会社CASAの企業体質について

週刊文春」でも報じておりますが、保証会社のCASAで事件が起きています。

 

www.0120555.info 

当報道局でも、CASAが起こした訴訟の傍聴に行った時の話です。

原告 CASA

被告 賃借人

 

この裁判は、CASAが代位弁済した賃料を支払えという、いわゆる求償金請求事件でした。

 

この賃借人からの相談では、CASAから怒鳴られたり、威嚇を受けており、まともな生活が送れないというものです。相談内容からすると、CASAの異常な取り立てがありました。

 

なんか、取り立て屋も意地になってる感じです。

 

当日の裁判では、CASA側は弁護士を立てずに、社員が来ておりました。裁判では、裁判所はCASAの請求を棄却される雰囲気でしたが、なぜか、CASAは裁判を取り下げたのです。

 

きっと、裁判で負けてしまうと2度と請求できないので、取り下げておけば、またの機会に請求する機会を狙っていると思われます。

 

裁判が終わってですが、CASAの社員が帰るときに声をかけました。

「CASAの取り立てが社会問題化していますが、どうして過酷な債権回収をしたり、脅迫めいた言動をするのですか?」「それについてどう思いますか?」と問いただしたところ・・

 

帰ってきた言葉は、「昔はもっとすごかった」でした。

 

今回の、週刊文春でもあるように、社長自らが社員に対して「お前ぶち殺すぞ」「電車に飛び込まんかい」と脅迫していることから、債券回収にあたっては、従業員を煽動していたと考えるのは難しくはありません。

 

つまりは、こうした脅迫行為を日常的に行っていることは、「社風」なのです。

 

潰れた、サラ金武富士も似たような体質でしたね。


02年 武富士裁判「武富士の過酷なノルマと鬼上司」

 

個別相談・情報提供窓口

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp