賃貸トラブル相談室報道局【借主専用】

個別相談・情報提供窓口 ご気軽にどうぞ。 abc0120555@yahoo.co.jp

原状回復の特約の有効性

引越しシーズンを迎えておりますが、原状回復に関する事前相談が増えております。

 

今日は、賃貸借契約書に記載のある「特約の有効性」について考えたと思います。

 

賃貸借契約書

① ハウスクリーニング費用 35000円

② エアコン清掃料 10000円

 

こうした記載は、良くあります。

結論から言いますと、契約書に署名捺印している訳ですから、支払い義務があると考えています。

 

相談者さんの中には、こうした特約があっても、無効であるという方がおりますが、間違いです。

 

自分で納得して、署名捺印した以上は、契約は有効に成立していると考えるのが普通です。

 

それでは、このような場合はどうでしょうか?

① ハウスクリーニング費用を負担する。(金額記載なし)

② エアコン清掃料 (金額記載なし)

 

こうした場合は、金額の記載がない訳ですから、そのクリーニング費用が、適正なのか、それともボッタクリなのかは判断は、明確ではありません。すなわち、金額が明記されていない以上は、請求額について異議が有るわけですから、合意しない限りは支払う必要がないという事です。

 

エアコンの場合も、フィルター清掃などの、通常の維持管理をしていれば、支払う必要はありません。 ただし、入居者には善管注意義務があることから、フィルター清掃をせずに、目詰まりいさせてしまうと結露が発生してしまい、中のファンにカビが発生します。そうなると善管注意義務を怠ったことになり、清掃費を負担する必要があります。

f:id:torabur:20210211094400j:plain

画像でもわかりますが、ファンの中にある黒いツブ粒が、カビです。

わたしも立会いの仕事では、チャック事項ですが、こうしたカビがない場合は請求しておりません。

 

個別相談窓口 情報提供

下記のアドレスで受付けておりますので、ご気軽にどうぞ。

abc0120555@yahoo.co.jp